秋田の特産物調査?

今日はアトリオンへ行きましたので、地下の物産店へ。

最近地域の特産物に興味あり、ひとり、調査員みたいになって

遊んできました。


何をしてたかと言うと、自分が良いと思った物探し (*^_^*)。

まずは「いぶりがっこ」。これは種類豊富で売り場は激戦中。
d0129083_1813481.jpg

こんなに!!またちょっと視線をあげると、ライバルの他のがっこが

満載に陳列されています。

私、昨日も語りました通り、歯が悪いのでいぶりがっこが苦手。

実は秋田県民なのに・・・味もちょい苦手。

そんな私でも、「このいぶりがっこなら!」と思えたのがコレ。
d0129083_1816448.jpg

皆にもわけてあげれそうだし、量少なめだし、わざわざ切らなくて

いいし、見た目やわらかそう(^◇^)。パッケージも凝ってて

お土産によさそうじゃない?一本まんま、どーーーんともらうよりは

挑戦しやすそう。値段もお土産には負担にならなさそう。


次はひそかに色んな種類が出回る、「しょっつる」。選んだのは・・・
d0129083_18201864.jpg


大きさが手ごろ、ラベルも気になる分かりやすさ、ちょっとだけ

値段が割高になってるところに高級感を感じる、不思議な存在感。

秋田らしいお土産に思えます。重い所がお土産にはきついかな?


次はお米だよ~。メインの品だけあって、ラベルに大変お金がかかって

いるように思います。でも、そこが大事。
d0129083_18234220.jpg

どれが良いというのはないのですが、とにかく力が入ってます。

次、稲庭うどん。こちらは本当に激戦区。その中でこれを・・・。
d0129083_18251581.jpg

おなじみのラベルを選んでしまいました。ざっとみたところ・・・

この長さは、贈答用として箱に入っているサイズ。他の単品物は

麺の長さが短くなっています。しかしながら、稲庭饂飩は、この長さが

この長さが良いアピールポイントだと思います。ざるの上にあげられた

饂飩が、くるっと丸められて、お行儀よくまとまるのはこの長さがある

からなのではないでしょうか?稲庭饂飩の品格は、この長さです。


そして、有名なのになかなか前面に出られない「秋田諸越」。
d0129083_18331067.jpg

これ、品があって素敵。お茶会の時なんてどうかしら?

お菓子コーナーに突入。

なんか気になるこのラベル。心ひかれ、私コレに決めました。
d0129083_18353530.jpg

私、歯が悪いから、軟らかい物好き ♪。あと、いちじくって身体に良さそう

だし、なんだか古めかしいラベルながら、これも品があって好き。

隣に置いてある「茶ようかん」、これ能代の商品ですが、150円。

手ごろ過ぎて涙ちょちょ切れる上に、食べやすいですよ。

長年頑張ってる的、このラベル達。新しい商品にも頑張って欲しいですが

こういった息の長い商品も、変わらずに頑張って欲しいです。


そしてもう一つ、歯の悪い私にも何とかなりそうな
d0129083_18403849.jpg

ピリッと来る「かりんとう」なんて、良い感じじゃない?

薄作りなので食べやすいですよね。値段がこれまた優しすぎます。

小分けに出来るし、山田くーん、座布団3枚!!


と、まあ・・・ぐるぐる回って、完全に挙動不審者になってましたが

こここそ、秋田のお土産激戦区ではないでしょうか?お酒コーナー。

手軽に・・・と、なかなかいかないお酒だけに、数も多いし、実際には

難しい売り場なのではないでしょうか?

「一本買ってくか (^-^)」と思わせる見た目でないといけません。



ここはね・・・宣伝したくてたまんないところなのです。だって我が家は

酒屋勤めですから。でもあからさまに宣伝できないこの辛さ・・・。

夫は酒屋のでっちどん的仕事をしております。苦しい所、これだけでも

載せさせてください!!
d0129083_18492085.jpg

ででーん。瓶に社名が大きく書いてないので、あえてこれで。

他のメーカーも織り交ぜて、うやむやにしておりますが・・・みなさん

「米」「米」をよろしく!!    今日酒蔵見学してたっけ・・・。


勝手に良い物を決めてしまってごめんなさい。私が欲しい物シリーズでした ♪
トラックバックURL : http://nopppi.exblog.jp/tb/10766407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by usu_iimail | 2010-02-13 18:55 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)