花屋になりたかったり

いつも散らかっている我が家ですが、ピアノ発表会の後はお花もあり・・・

綺麗にしなくては!!

と、急にあれこれやりだしています。クリスマスのシーズンにもなってきたし。


さて、雑然としてる我が家に彩りを与えている、今日のお花達です。


d0129083_15092319.jpg
命短い切り花を、どうやって活かしてあげようかと、飾ってるだけではかわいそうで

お花を目の前に朝のお茶を飲んでみたり、置き位置をあれこれ変えて見たり。


今更ですが、見た目に似合わずお花が大好きなものですから (ガーデニングは異様に苦手)

「オシャレな小さなお花屋さんになりたい」と言うのが、ぶっちゃけ今の有り得ない夢です。

老いの木のぼり?年寄りの冷や水?

まあ、色々言い方はあれど、あっという間に年取ると思えば、何も出来ません。


となると、頂いたお花を、バラして自分好みに生けて、うっとり楽しむというのが、小さな

楽しみと言うか、喜びと言うか。


d0129083_15172138.jpg
この赤いお花達、可憐で情熱的で素敵


黄色いお花も質感がたまりません。ずっと生きられないからこそ美しいのよね。


d0129083_15175705.jpg

美人薄命っていうの?それを。


こちらはアレンジメントなのでそのまま楽しんでいます。


d0129083_15211369.jpg

陽の当たりに合わせて置き位置変えてます。大ぶりなガーベラ、ピンクのくせに(可愛いくせに)

威厳があります。まるでスターのような風貌です。


白っぽいお花ばかり扱う、街角の小さなお花屋さん、番犬とかいたりして、カフェもやってりして

いや、今の暮らしでも十分良いけど。贅沢言いません。


トラックバックURL : http://nopppi.exblog.jp/tb/21312942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by usu_iimail | 2014-11-18 15:25 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)