ブログトップ | ログイン

Sugar&Spice

一生の宝物

大人に足を掛けてきますと、言い争うと、子供にも色々言い分と言うものが出てきまして

それを都度聞いていると、本音も漏れ始め・・・

娘は中学校の時テニスをやめたかったけれど、母親にそれを言えなかった、と。

息子もある程度ピアノはマスターしたので、中学校でピアノはもう良いかな?と思ったと。


それでも頑として、娘に可愛いウエアを買ったり、お尻を叩いたりしてテニスを続けさせ

息子にも「高校三年まで続ける」と言いきり通わせ続け。


続ける事に意義がある! と言うのが、子育ての中での精一杯の親の押し付けです。


その意味をようやく感じとってくれたような娘。

幼稚園からラケットを持たせてテニスの真似ごとから始め、なんだかんだ小学校1年から

レッスンに通って足掛け今年で14年目になります。


d0129083_18384671.jpg

ずば抜けて上手いわけでもないのですが、大会に出続けた事と、1つの事を自分なりに極めた事で

就職時のアピールのアクセントになれば。


息子は見極めが早いのが良くもあり、悪くもあるのですが、あれこれ手を出して、唯一今続けている

ピアノを高校三年まで続けると、幼稚園年長からですので13年と言うことになります。


d0129083_18434056.jpg

昨日、ライブ会場の店頭で急遽、ピアノとアコースティックギターで即興ミニライブをやったようです。

自身の潤いと言うか、身に着いた芸があるとこれまた人生楽しくなるのではないかと

思った次第です。


反発はあれど、なにか子供の体に、心に残す何かを与えられて良かったんだなぁ、と感じています。

テニスにピアノに・・・一生の宝物にしてください。




トラックバックURL : http://nopppi.exblog.jp/tb/21544183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by usu_iimail | 2015-02-09 19:04 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)