喜びも悲しみも幾歳月

桜も控えめながらも咲き誇っています。

よい季節になりましたね。


数日前のういたろうです。


d0129083_20210739.jpg

d0129083_20212274.jpg

d0129083_20215060.jpg

一見脱毛症には見えませんが、後ろ姿はちょっと寂しげです。



さて、今日はバレーボールの練習でくたびれ、美味しいご飯を食べて眠くなってたのに

テレビで映画「喜びも悲しみも幾歳月」を観てしまい、心身ギンギンめいてしまいました。



灯台守の夫婦の物語でした。こんな仕事があったのか、こういう生活をしていたのか、と

昭和初期の時代を感じながら、あっという間に過ぎていく時の流れをその夫婦を通して

見ていました。


最後、娘がお嫁に行き、夫の赴任先のカイロへ向かう夫婦で旅立つその船に、御前崎の

灯台から灯りと霧笛を放ち、船の汽笛が鳴り・・・と、その名シーンが良かった・・・。


今日はどっぷりその映画の世界に浸ってしまい、なんだか胸のあたりがざわざわめいて

たまりません。



この春、お子さんを大学や社会に送り出した親御さんたちに、とっても敬意を表したい

映画を観てそんな気持ちになってます。私は心穏やかに子供を送り出せるかしら?と

そんな気持ちにもなってます。オイオイ泣いて終わりかもしれません。








トラックバックURL : http://nopppi.exblog.jp/tb/21708030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by usu_iimail | 2015-04-13 20:40 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)