思い出の面影橋の桜

連日桜です。


母が「あの桜の事はブログに書かないの?」というもので。


去年も触れているのですが、なんというか、あまりに無残で私は直視できないのです。

直球で言うと、邪魔だったのでしょう。枝が。


でもこんな切り方ある?というくらい、お役所的に切られた姿があまりにも哀れで・・・。

思い出の桜だったのですよ。でもよその人には思い出でもなんでもない、ただの邪魔な枝

でしかないのです。ちょっと伸びすぎた枝は歩道にかなり出ていましたからね。


面影橋のほとりの桜。一本だけ白い桜の花をつける大木。面影橋の春の風物詩でした。

どの木よりも先に開花し、堂々と咲いてました。


哀れな姿に見えないように撮りました。  いかがでしょうか。



d0129083_15525480.jpg


d0129083_15511929.jpg


d0129083_15513189.jpg


面影橋との写真が一番、似合っています。


この桜を眺めて育ったのですよ。



ついでにその先へ散歩。まだまだ昔の名残のある戌川原。


d0129083_15514676.jpg


臨海の方まで歩いてみました。 この辺なら車も人もいないし・・・うっちゃんを自由にして

みました。私が離れると慌てて追いかけてきます。


d0129083_15520463.jpg


吠えて迷惑かける場所でないので、私も安心して遊ばせられます。  気持ち良さそうにしています。



そしてこちらは、途中で会った近所のお友達のワンコ



d0129083_15522412.jpg


大人の話を黙って遠い目をして待っていてくれました。(うっちゃんは実家)




お馴染みの場所はいよいよ、菜の花の季節になろうとしています。



d0129083_15521579.jpg


昨日の風雨に耐え、ちょっとお疲れ気味の桜です。でもまだ頑張ってくれています。











トラックバックURL : http://nopppi.exblog.jp/tb/21727912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by usu_iimail | 2015-04-21 16:02 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)