缶コーヒーが苦手な訳(コーヒーは好き)

昨日、空き時間に手形のカフェへ夫、娘と立ち寄りました。

手作り感むんむんの店内には、立派な機械類がずらっと。


テレビでちょっとやってましたが、東北初?とか、珍しいエスプレッソマシーン?

とかいうことで、コーヒー一杯にこれだけの心血を注げるオーナーさんに拍手です。

私はスーパーの個別包装のドリップパックで十分満足なのですが、その

コーヒーの美味しい事。  本気に勝る物は無いと思いました。


d0129083_15103976.jpg



先日、親戚に缶コーヒー5本もらいました。

缶コーヒーは10年に1本飲むか飲まないかの私ですが、帰りの車の眠気覚ましに

数年ぶりに1本頂きました。缶コーヒーも美味しくなりました。


しかしながら、昔のイメージはぬぐい去れず、どうしても缶コーヒーに手が出ない

のですが、我が家の子供達は缶コーヒーを美味しく飲める人たち。

「美味しい!」と飲み干してます。



甥も某メーカーで缶コーヒー開発の部署にいます。  これからは1年に数本飲むように

なるかもしれませんね。 コーヒーは好きですから。




なぜ飲めなくなったかと言うと・・・

缶コーヒーの空き缶にたばこの吸い殻を入れられ、放置されたその缶を雨上がりに拾った時から。

コーヒーの色と違う汁が異臭を放って出てきた瞬間に、私の缶コーヒー離れが始まってしまいました。


たばこはマナーを守って、吸殻は吸い殻入れにお願いします。




トラックバックURL : http://nopppi.exblog.jp/tb/21895643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by usu_iimail | 2015-06-22 15:17 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)