土手の生態系

爽やかな週明けとなりました


ここ一週間、体のためにせっせとウォーキングをしています

あまり遠くへは行かず、いつでも気が向いたときに帰れるように家の前の土手を

ぐるぐるしています


綺麗に草を刈った土手は見通しよく、とても清々しく、でも所々、出来上がってしまった

生態系への配慮か、完全に水辺を刈っていないところもあり、優しい草刈だなあって。


勝手にこの刈り方は素晴らしい!!  と、思いながらウォーキングしています



さて、その生態系ですが、私が知るところこの辺には各種水鳥、カメ、もぐら、ヘビ等

と思っていましたが、水辺の草藁でキジが子育てしていました


枯れた草の色に似ていて、よーく見ないとわからないのですが、親の後をついて4~5羽

の小キジがちょろめいてます


土手を7周した中で、2~5周あたりで見かけることが出来ました

親が私がみつめる度隠れるので、きっとウザいと思ってたろうね



d0129083_1271719.jpg



いや、私は小キジを狙う他の動物から守っていたのだよ

誤解しないで欲しいわね
トラックバックURL : http://nopppi.exblog.jp/tb/23183147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by usu_iimail | 2016-05-30 12:08 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)