自然界の生き物というものは・・・

まいどつまんない話に付き合ってくださってありがとう

今日も普段はスルーの話題に深く切り込んでいこうと思います



毎朝のウォーキングも日に日にスタート時間が早まり、そのうち未明にスタートするんじゃないかという

勢いの毎日の中、土手の歩道にあわれに横たわるミミズの話を一発



自転車がすれ違える程度の歩道、灼熱の日に、何故ミミズは煮えたぎるアスファルトに出てくるのか!

いや、その生態にまで触れるといつ終わるかわかんなくなるのでやめますが、こっちの草むらからあっちの

草むらに移動?しようとする?ミミズが、大したことない歩道を渡り切れずに力尽きてしまうという現状


干からびたミミズやら、力尽きたばっかりのミミズやら、とにかくどうしちゃったの、と言いたくなる現場



d0129083_10144343.jpg

たまたま居合わせた時は、木の棒で行きたい方向へミミズを移動させてやることはありますが

私に助けられ無事にそっちの草むらに行けたミミズはいいとして

ほとんどが行き倒れです。 そしてもれなくチリチリに干からび・・・・



そして、今日みたいな雨上がりの早朝、まるで干物を水で戻したように膨らんでフニャフニャになってるという

これは・・・干からびた時点で、スズメやカラスの栄養になればいいのですが、何故かそんな鳥たちにも

見放されているミミズなのでした



だから何?


って内容ですが、熱くならないアスファルトとか、鳥に好まれるミミズになるには、とか研究進まないもんかね

と、思いながら今朝もあっという間の50分のウォーキングでした

私、考え事すると時間を忘れてしまうタイプです







トラックバックURL : http://nopppi.exblog.jp/tb/23338382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by usu_iimail | 2016-07-28 10:20 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)