ブログトップ | ログイン

Sugar&Spice

のし袋

小学校6年間、近所の親戚のおじさんが教える習字の教室に通っていました

あの頃、5枚書いて指導してもらっておしまい、という土曜日の13時からの習い事。

早く遊びに行きたくて、13時には書き始め10分以内に帰るという不真面目な生徒でした

姉は段も取り(何段かは忘れました)ましたが、私は3級止まりでした




そんな大して上手くもない私のもとへ、お友達が文字を習いに来ました

苗字を上手く書けるように(のし袋に)とのことで、二文字集中



d0129083_14075756.jpg





ちょっとの練習で、とても綺麗に書いていました




友達は先だって亡くなった義父の命日にお寺さんに渡す「お布施」の名前を綺麗に書きたい

のだそうです。そのために習いに来たのです。


今はパソコンで打ち出せば出来るし、ハンコだってあるけれど、それでも自分で書くって

とても素敵なことだなあ、と思います。 きっと義父さんもそんなお嫁さんを誇らしく思う

んだろうなあ、天国で。


ちょっとのことだけど、こういうことが幸せの近道のような気がします。








トラックバックURL : http://nopppi.exblog.jp/tb/23561904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by usu_iimail | 2016-10-19 14:26 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)