ブログトップ | ログイン

Sugar&Spice

ピアノの先生、ありがとう

息子の旅立ちの準備に忙しい毎日です

今日は先日お祝いくださったピアノの先生のお宅に、改めて長年のお礼に伺いました


パーマかけたてのクルックルの髪形で行ったのに、先生気づきませんでした

そうよ、元々息子は癖っ毛でクルクルだもの、そりゃ気づかないよ

そしてよりクルクルの頭で、先生のお祝いのお金で買ったフレッドペリーのジャケットを

見てもらいました


d0129083_00382584.jpg

大都会東京でこのジャケットを着て暮らします

先生も嬉しそうでした



もうここでピアノを弾くこともないんだな~って、一時代の終わりを感じました

6歳から13年ここに通いました

お腹空いたときは、先生のアップルパイを食べ、お菓子をもらい、おだてられ

たまに怒られ、励まされながら。沢山甘えて、わがままもしました。

音大に行く準備でソルフェージュも勉強しましたが、途中で投げ出しました。

それでも先生はずっと付き合ってくれました。

毎度私がついて行くので、先生が「叱りにくかったわ~」と言ったので恐縮したら

「でも奥様いっつも寝てましたから、わたくし、叱りました」と言われました

こっそり寝てたのに、気づいてたんだね、先生。

私、イビキかいてたかしらね?


ま、いいや。 私も楽しかった。ピアノを弾いてる息子がいつも誇らしかったです。

発表会では男子が少なかったもので、色々重宝されました。また沢山の方々に

声を掛けてもらえて、いつも発表会が楽しかったです。

最後、先生の50周年にショパンを頑張って弾ききった時、少しだけ先生に恩返し

出来たなあ、と安堵もしました。


先生、ずっとずっとありがとう。



そして・・・先日、校章を後輩にあげたお話で、校章でなくて学年バッチでした

訂正いたします。すべて、このブログは事実に基づいておりますので、イラストにて

再度ご紹介します。



d0129083_00545035.jpg

JKが群がったのは、たとえ話ですのであしからず
息子は群がられていませんから





トラックバックURL : http://nopppi.exblog.jp/tb/23902854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by usu_iimail | 2017-03-04 00:56 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)