ブログトップ | ログイン

Sugar&Spice

そんな父の話、初めて聞いた~

d0129083_9185925.jpg

昨夜はさらっと粉雪が舞ったにもかかわらず、私は春気分で
この写真。これは去年の土手の桜と菜の花のコラボ。
ちらりと写ってるのは我が家。こやって桜と菜の花がコラボする
年もあれば、桜だけ~って時もあれば、チューリップとコラボして
る時もあり、毎年春の様子が違うのが面白い。

昨日はお米をもらいに、一家総出で仙北の母の実家へ。
寒いもんだから、一台のコタツに7人群がる。

???

いつもはコタツの中の猫を気にして正座でコタツに入るのですが
昨日は息子は首まで入っている。コタツの中は足でごった返し・・・。
猫が死んでしまったらしい。
居間の戸に細工をして、猫の出入り口を作っていた。
部屋の隅に爪とぎがあった。
それが撤去され・・・居間が寂しくなっちゃった。

命はいつか消えるもの。でもね、思い出は残るもの。子供達は
寂しそうでした。

テレビではボーリング大会。それを見ながら、死んだ父がボーリング
大会でもらってきたトロフィーを、自宅建替えにともない、先日
全部燃えないゴミに出した~と母が語りだし

そうそう、山王大通りの現在の農協ビル沿いに、昔ボーリング場が
あったけ。そこで父、スターだったらしく・・・死んだときに、マイボール
を捨てるのにも苦労したらしいよ。重いし、丸いし。「スイカです」
みたいな?とにかく凝りだしたら止まらない父だったらしい。
エピソードをもう一つ。これは私も初めて聞いた話ですが・・・・

くそ寒い日に、ペラペラのシャツを着て出かけようとする父に母が
「もっと着て行け」と言ったら「これから何百万もする服を着るんだ」
と言って、当時所有してる人も稀な「トヨタ マークⅡ」に乗り込み
出かけて行ったって。車が服だったらしいよ。昭和38年の話。

その父も35歳?だったかな?その若さで死んだ。母がまた語るには
「多分、アスベストのせいだと思う」と。
父、電気の配線の仕事をしていて、アスベストまみれの天井裏での
仕事だったらしい。母、「別に今更訴えないけど」って。
父、早く死んで、母も姉も私も色んな激動に飲み込まれ、今尚
その余韻も残る日々ですが、なんだか、そんな話を聞いても
「ほほ~~~ぉ」
と他人事なのは・・・・今、幸せだから。だなっ。
トラックバックURL : http://nopppi.exblog.jp/tb/7342867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by usu_iimail | 2008-02-25 09:56 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)