歴史を受け継ごう

娘の帰宅が遅い
昨日は中学校の認める部活ではないけれど、有志の学生が
やっている「テニスクラブ」に顔を出していました。
これで3度目かな?とにかく、帰宅が遅い。

こんなものなのでしょうが、親がまだ着いていけない。

昨日はいつも通っているクラブに行くはずだったのに、帰って
きたら、学校のクラブに行くと言うのです。話が違うな~~。
学校のクラブに違和感を感じて、なんとなくテニスへの気持ちが
下降気味になり、他の部活への興味が膨らんでいたはず。

一日で手の平を返している娘に、親が着いていけない。

迷える時期、なのでしょうね。

さて、土手の桜も色づき始め・・・は一昨日のフレーズですが
ほぼ咲きました。九部咲きくらいかな?
d0129083_714879.jpg

数日間は見物客で賑わう事でしょう。菜の花や水仙も咲き誇り
とても綺麗ですよ。

そして実家建て直しに伴い、実家のものがまた運ばれてきました。
これは希望していたもの。これは是非受け継ぎたい、実家の歴史。
d0129083_733966.jpg

なんだと思う?

打った蕎麦を入れていた木箱です。
実家は昔、蕎麦屋のような、そうではないような・・・

今はショッピングセンターになっている場所は江戸時代、処刑場
でした。これだけで、十分に興味深い話なのですが、川を挟んだ
私の今の家側はその後、油田地帯の一端となり、日本一の油田
となります。
d0129083_751176.jpg

処刑場にまつわる悲しい話や、史跡がこの近辺には沢山あるの
ですが、先日の地方紙にも、韓国人が秋田でキリスト教を信仰し、
処刑場へ送られた聖人の方を慰める碑を建てる場所を探している、
と書かれていました。処刑された方々の中には、キリスト教を信仰
したばかりに、処刑されてしまった人も数多く、近くのお寺の一角等
に埋葬されたり、殉教の碑が駅のそばの教会に建てられたりと
当時を偲ばせています。

その処刑場も時代と共になくなり、その場所は競馬場となり、近年
には石油会社の敷地となり、そして今はショッピングセンターと
変化してきたのです。
その競馬場で馬ソリレースが行われていた頃・・・
d0129083_7503621.jpg

この木箱が活躍していたようなのです。先々代のおばあちゃんが
レースのある日、蕎麦を打ち、今でいう立ち食い蕎麦のような事を
していたそうです。たくましく生きていたのですね。

私、蕎麦は打ちませんが、時代の移り変わりを表すべく、これに
私のスケッチ作品を入れたいと思いまーーーーす。
その前に木箱にレースを貼りたいと思います。バチあたりか?

実家の周りの歴史は、去年の夏休みに、娘が夏休みの研究として
色々調べました。市立図書館で見た文献では、通りいっぺんの
事しか書かれていませんが、実際、ここで暮らし続けた人達の話を
聞くと、娘の研究発表には向かない、ちょっと怖いお話等もあり
その辺は、私の心の中にとどめておきたいところですが・・・
今の高齢の方々が亡くなってしまうと、その歴史を知る人達がいな
くなり、せっかくの歴史も曖昧になってしまいますね。
私も歴史の伝道者となれるでしょうか?
トラックバックURL : http://nopppi.exblog.jp/tb/7708114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by usu_iimail | 2008-04-15 07:53 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)