Sugar&Spice nopppi.exblog.jp

絵を描くのが大好き 依頼に沿ったイラストを提供します 


by usu_iimail
プロフィールを見る
画像一覧

私も 先生なんだな ~実感~

札幌の姉へ

解体です。

d0129083_2354575.jpg


綺麗に母さんが磨き上げた最後の家に
d0129083_23545498.jpg


解体業者が土足で入り込み
d0129083_23552940.jpg


派手にやらかしております。
靴を脱いでお邪魔する解体業者はまずいないと思いますが・・・^-^;

それにしても無情です・・・>д<
d0129083_23564997.jpg


見て、この「ヤツデ」。
きっと一番初めに切ったんでしょう。いや、「斬った」って感じ?

壊すのはあっという間です。明日にはシートが張られ・・・粉々に。
現場に行く足取りが重い私です。


話はがらっと変わりまして・・・・
「こころん」のイラスト、更新しました。なにやら・・・絵に元気が無い。
とにかく、力っ気のないイラストでした。  仕方ないよね。解体中だもん。

そして、こんな時にイラスト教室。
生徒さんはお一人様。
これは毎度のことなのですが。たまに2人とか、多くて3人とか。

お題はふり出しに戻り、またまたプチトマト。
d0129083_055345.jpg

ナスの存在感があまりにもありすぎて・・・ならば、全面に出てもらおう。
お昼寝中の野菜達。プチトマトも音符の様に並んでもらいました。


昨日の夕刊、読者の声で

日頃私が感じている 「指導」 のあり方、それを語ってくださった方が居る。
非行に走った子供から、「何故悪いことをしたか」を聞く前に、その子供の
長所を褒めてあげよう、と。それから、その非行に走った背景を正確にとらえ

これからどうすればいいのか

こうすれば良くなる

と言うことを、教えてあげると良い。との事でした。


絵は 「こうしなければいけない」 って事が無いので、とにかく指導が漠然と
しがちなのですが、いきなり紙とペンを出され、私に「描け」と脅された?生徒
さん達は、結構素直に絵に向かってくれる。

そんな中で・・・目の前に先生がいれば、自然に「何かしてくれ」って感情が
湧いてくるらしく、表情で求めてくる人もいれば、手を止めてアピールしてくる
人もいる。そしてズバリ 「どうしたらいいですか?」 と聞いてくる。

そんな時こそ、まず、そこまでの出来映えを褒め、こうするともっと良くなる
という部分を一言付け加えるようにしている。

なので、夕刊の読者の声を読んで、こんな私のような者のやり方でも良い
のだな・・・って、安心できました。

常々感じることですが
私が「教えよう!」と意気込む事に限って、あんまり生徒に伝わってないような
そんな気がするの。  押し付けではいけないんだな~、きっと。
生徒側だって、自分で学びたい部分、別に興味が無い部分ってあるのよね。

黙ってても、興味があることについては、私の実演からしっかり学んでくれて
います。

私の絵の先生 「つなしまかすみ」先生もそうですが、いつもキラキラしていて
でも、肩の力が抜けていて、なんだか愛嬌のある会話や行動が、私の何かを
くすぐるわけです。

そうすると、「何かしたい」 って気持ちに、不思議になるのです。
絵だけでなく、生き方なども一緒に学んでるような。

そんな先生になれればいい。
トラックバックURL : http://nopppi.exblog.jp/tb/8374214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by usu_iimail | 2008-08-01 00:47 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)