2017年 04月 06日 ( 2 )

おやおや?東京

本日二投目のブログです

明日にかけてシリーズで行きます



おばさんになると、色んな事に「おやぁ?」「おやおやぁ?」となってしまい・・・

そんな事まで上げ足取るのか?オバサン!!と言われそうな事も。わかっていますが

おばさんの目で見た東京、はいどうぞ



まずは車社会の秋田と違って、電車移動の東京は・・・乳母車が多い


d0129083_21345454.jpg
しかも、食料持参でお花見と洒落込んでる若夫婦の多い事

井の頭公園へたどり着くまで、ほぼ行列よ、そこを事も無げにすいすいと

私など、井の頭公園へ行くまでの道端のお店(まるで参道のような)を見たくても

流れに逆らえず、公園へ押し流されてしまった口です




そして東京のママチャリ、電動よ、子供を乗せるシートの背もたれが高い

みんな、いや、全員これに乗ってるんじゃ?と思うくらい、どこでも見かけました


d0129083_21411632.jpg


シートの背もたれが、私から見ると暴走族のバイクの飾りのように見えてしまい

動物園の自転車置き場に置かれた自転車が9割この自転車で・・・

族の集会現場のような、そんな錯覚に陥ってしまった歩道橋の上からの眺めでした

壮観でした


その様子にカメラを向けるのも周りから見たらおかしいかと思い・・・こっそり近くで撮って

みたのがこの写真


d0129083_21494986.jpg

この左手はもっとビッチリ並べられてて、自分の自転車どれかわかるのかな?と

非常に心配になってしまう感じでした。これはほんの一部分です。歩道橋から見ると

わわわわわわわわわって思うくらい並んでました。



そしてファッションビルでは・・・

まったくそのお店の服など着なさそうな私に声をかけまくる店員さん


d0129083_21550124.jpg

「春物」という言葉が「はおり物」に聞こえてしまうオバサン、耳もおかしい

ええ、実際はおり物、いわゆるジャケットってやつを探していました



そして、メンズのお店なのに私が見てるもんだから「このオバサンは女性ものが合わなくて

メンズサイズで探している?」と思ったのかしら


d0129083_21583423.jpg

メンズの服を「かわいい」と言うヤングな店員さん

まず、その紫の髪はどうやって染めたの?一回脱色したとしか思えないような

見事な発色



そして服を買おうとレジに持って行くと、Tシャツは二枚目が半額になるので

もう一枚いかがですか?と言うので、どれどれと見に行き、一枚目よりも値段の

高いTシャツを持って行ったら(二枚目半額対象の商品の中から選びます)

なんと、一枚目としてレジに出していた値段の安いTシャツを半額にした店員さん


d0129083_22015633.jpg

「これが二着目なんですけど」、と言う言葉は通じない世界に居たようです

そりゃ、購買意欲も削がれるってもんです


散々買い物にクレジットカードを出しまくり、もう魔法のカードのような感じに

なっちゃって、このカードさえあれば何でもできると思ってたのか、色が似てたから

間違えちゃったのかもう記憶にもありませんが



d0129083_22073969.jpg
SuicaとJALカード間違えてました

でも必死にかざしてる時は「JALカード」とわかってかざしてました、いや、

かざすというより、押し付けてました

だから、自分が何やってるのか今でもよくわかりません、本気でJALで改札を

抜けようとしてたのだと思います。アホだから。

後ろのおばちゃんに「奥様、カードが違いますよ」と言われるまで諦めません

でした。だからアホよね。



まだまだあるのよ、東京の七不思議や私の謎の行動

それは第二部にて

今日はどんどん行くよ~















by usu_iimail | 2017-04-06 22:18 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(0)

私立の大学受験と言うものは・・・お金がかかります

もちろん自分たちではどうにも出来ない私達は、年金暮らしの光る親のスネを

眺めてはあてにしてるものでして・・・


この度の数々の大学の、数々の受験方法を精査した上で、まんべんなく受験した

その資金を出したのが、ヨボヨボのおジジだったものですから、今回の合格の

キーマンはおジジでした。「数々受けさせて頂き、散々不合格を繰り出し

誠に失礼ながらも、ありがとうございました」と言う意味合いで、入学の現場より

持ち帰った御献上品を差し出した次第です


d0129083_21304518.jpg

厳かに、うやうやしく差し出した品は、学生協でゲットしたものだけどね

それを、さらに神々しく受け取ったおジジ

おもむろに眺め、何に感動してたかと言いますと・・・しおりに挟まっていた紙に

「桃李不言下自成〇」と書かれた文字の「下」と言う文字の書き方が素晴らしかった

ご様子で、それにいと感嘆しておりました、おジジ。


そして、現場の写真を差し出しますと、それを妙々と眺め「これはゲスの極み」

と申され。よくぞご存じで。


d0129083_21373795.jpg


入学式が滞りなく済んだことを報告し、まずはひと段落です

帰り際「さ、あとは母さんの職探しだな」(あのー、私一応既に働いてますけど)

と、念を押され・・・私はやっぱり働きに出なければならないのですね、おじい様

年金、タバコと飲み代に使うなら、ちょうだいよ

華麗に使って差し上げてよっ、この三代目の嫁が




by usu_iimail | 2017-04-06 12:05 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)