今日も晴天に恵まれ
「これぞ自然のお恵み・・・」と朝からジーンとしてる暇もなく
握り飯を握り・・・・朝のお子様のテレビをビデオ予約し、怒涛の勢いで出動
しました。昨日も今日も早朝からジタバタしております。

今日はテニス会場へ直行!
まず北野田で成年男子シングル1を見まして(お上手でした)、雄和に移動。
少年男子に間に合った!成年、少年女子も!秋田の応援は最高潮でしたね。
結果は残念なところもありましたが、明日にまだ残ってますよ~。

私にとり人生二度目の国体。となると、やはり何かを買わなくてはなりません。
買ったわ。タオルにTシャツ。
なんだかカラフルな店だわ~と避けて通ってましたが、どうしても気になり
凝視したところ・・・
d0129083_2135892.jpg

どうしても、このおびただしいスギッチだらけのタオルが気になるわけだ。
しかしながら、サイズが大きすぎる。
結局、次におびただしいタオルを娘が選びそれに決定。息子もそれに準じるおびた
だしさの小さなタオルを買い、なんだか袋の中が騒々しいわ~~~。
何しに来たのだ?私達。試合を観るのだ!

本日の目玉?
昨夜練習でお見かけした熊本県の少年女子が気になり、待ちに待って夕方近く
やっと観戦。私達より選手の方々、本当に待ちくたびれたことでしょう。
落ち着いた配球、力強い動き、それになんとも素敵なルックス。それとピンチでも
余裕の表情。ですが、最後のポイントの前に「絶対取る!」と自分に言い聞かせた
あの一言を聞き、全身全霊をかけやっているんだな~と家族で「おおおぉぉ」と
感嘆しておりました。観覧席に上がってきたその選手は「楽しい!!」と大変に
お喜びのご様子でした。よかった!秋田で良いプレーが出来てよかったですね。

で、もう一つ私の目を釘付けにしたのは・・・全国区で活躍なさる方々のファッション。
これも素敵だったな~。本日のベストドレッサー賞(勝手にやるぞ)。
県のお名前を発表したいところですが・・・わからない。
なのですが、ソックス使いが見事なスタイル抜群の女子のお二人♪。
おめでとうございます。
あとは広島のジャージにも脱帽いたしました。もみじ。
秋田のなまはげVS広島のもみじ!こちらにも特別賞を!

あのおびただしいスギッチタオル、進呈したい!あくまでも、「したい」。

以上本日も本業のイラストレーターの仕事を忘れ、国体レポートを現地から
帰ってきてわざわざお伝えいたしました。また明日。
by usu_iimail | 2007-09-30 21:38 | 記念日 | Trackback | Comments(0)

秋田わか杉国体 その2

d0129083_2334469.jpg
朝に引き続き、夜の選手団の練習を拝見
「隣の晩御飯」のごとく、各県の練習メニューを見ては感嘆してました。
朝は息子、夜は仙台帰りでくたくたの娘と。

夜は、熊本、滋賀、東京の2県1都。これがまた大収穫で・・・
こんな間近で超大学級、高校級が見れるのですから、しかも一緒に。
月のレッスン代を支払ってでも見させて頂きたいほどの、中身の濃い
練習を拝見致しました。

明日からの目玉、私の中では熊本の少年女子のお二人。
有り得ないラリーをしていました。あれが普通なのでしょうか?どう見ても
尋常ではないと言うか・・・怒涛のラリー。
ご姉妹との事。特にお姉さまは男子をもたたんでしまう程の力とテクニック。
どんなゲームをするのか、あの怒涛のラリーを制する少年女子がいるのか、
明日は要注目です。

東京の皆様もそうそうたるメンバーと、クラブの方から聞きました。
なんでも大学のチャンピオンだとか・・・。シャツをひるがえしてストロークする
姿に、娘はピピピと来たようです。シャツに来たのか?見えた背中に来たのか
それともその華麗なフォームに来たのか?ピピピと。そこまでは聞かなかった。
練習内容も、大変参考になりました。ま、同じようには出来ませんが、
選手の皆様の練習のイメージを脳裏に焼きつけ、随所で発揮できたら・・・
と思います。もちろん、娘が。私は練習しない・・・。

お帰りになる選手の皆様をクラブの方と一緒にお見送りしました。
「おもてなしの心」(NHKの朝ドラの見過ぎ)を思い出し、少しでも何か出来たら
と思い、クラブの方の横に立ってみました。娘もちゃっかり立ってました。
三人で深々と頭を下げつつ、労をねぎらわせて頂きました。少しだけまた国体
に貢献できたでしょうか?「手ぬぐい」の仕事と共に。
県民総参加・・・致しましょう。きっと心に何かが残ることでしょうね。

そうそう、閑静な住宅街のコートで、いつもは「ぽーん」「ぽーん」と多少の歓声
が響く程度の日常のコート。それが昨日からは、ボールを打つ音が
「バツ!バツ!」
「ドウ!ドウ!」
たまに関西弁飛び交ってます。自分の打った球に罵声を飛ばす?自分を戒める?
打つたび「シャラポアか」的、激しい吐息・・・。別世界です。
数日後には、それに刺激を受けたクラブの皆様も
「バツ!バツ!」「ドウ!ドウ!」・・・そして激しい吐息だったりして。
by usu_iimail | 2007-09-29 23:45 | 記念日 | Trackback | Comments(0)

秋田わか杉国体 ^0^/

今日は開会式
昨日の雨もあがり、おめでたい晴天となりました。
今朝は秋田県民全員また来県している全ての方々が爽やかな目覚め
だったことでしょうね。
この晴天がなによりの「おもてなし」になったな~、と今日最終回を迎えた
NHK朝ドラ「どんど晴れ」の見過ぎの私は、朝から何度うなずいていたことか。

そして早朝、テニスの試合の為に仙台に向かった娘を見送った私。
4700円のパワーストーンの効力はいかに!

晴天ながら肌寒い中、娘の通うテニスクラブで秋田、神奈川の練習があると
言うので、最近テニスを始めた息子を引き連れ、見に行ってきました。
さすがトップクラス!
横浜のお友達から神奈川選手団の情報を聞いていたので、神奈川も興味深く
見てきました。友達が勤めるテニスクラブに少し関係のある方々のようです。
横浜は私が能代に続き好きな町。草葉の陰から応援してますよ~。
d0129083_13271361.jpg


神奈川の女子は多分成年と少年とで練習していたと思うのですが、少年女子の
華やかな事。若いってこういう事なんだな、と感じました。とにかく動きがいいのです。
体が一番動く時期なのでしょうね。昔は私も・・・・こうだったのね。

そう・・・私もきっとあんな感じで華やかなテニスをしていたはず。有り余る体力。
私も大昔22年前・・・約四半世紀前・・・高校3年生の時に「鳥取わかとり国体」に
出場してしまった?しちゃった?したの?したんだ。
その名残も名声もどこかへ行ってしまった。あの頃は良かった。上手かった。
一番右が四半世紀前の私だ。少女Aにしてみた。
d0129083_13472020.jpg


いきなり一回戦、開催県の鳥取。はじめから負け試合か?
そうなると俄然やる気の出る私。あとでまた触れますが、いじめに耐え抜き、精神が
頑丈な私。もちろん私は勝った!が、団体戦のため・・・1-2で負けてしまった。
すぐに暇になってしまい、鳥取砂丘に直行。ラクダがいた。

私、国体出場で始めて飛行機に乗った。米子空港に到着直前に大山を見て
「おお・・・鳥取だ」と。そこからバスで三朝温泉の宿へ。近所のホテルに昭和天皇が
お泊りになり、あたり一面の警備。なので宿から出られず・・・。テニス会場は倉吉市
だったように記憶している。お土産は、大量の鳥取のパンフレット。重かった。
紙袋二つくらいあった。紙袋にまでどこかの景勝地がついてて、パンフレット並だ。

そうそう、その国体には・・・・PLの桑田と清原も来ていました。開会式が終わり
バス乗り場まで移動するとき、私は桑田のSPか?ってくらい、ぴったりとくっつき・・・
清原はあまりに人気に頭の後ろしか見られなかった。

今日は秋田の国体と言うのに、ああ・・・私の思い出話で終わってしまいそうだ。

今テレビでは選手が行進している。ズバリ、大阪のジャージは22年前と変わって
いない。桑田も同じのを着ていた。写真があるので間違いない。

入場する選手。私の記憶では会場に入った瞬間、うおーーーー!というくらいの
拍手と会場の人の圧迫感に、いっぺんで胸が熱くなった記憶がある。
来県した選手団が同じような思いをして、素敵な思い出として一生の記憶に残して
欲しいものです。しかし、よくこんなに全国から集まったものだ・・・。

これは実況中継か?まもなく秋田県選手団が入場する。
来た!すごい人数だ~~~。

秋田がこんな中、娘は今、仙台から戻ってくる車の中。
気になる彼女の戦績は二回戦負け。しかし、貴重な県外での一勝を果たしたらしい。
パワーストーンが効いたか!
二回戦では良いショットもあったのですが、スピードに負けたらしい。13歳以下なの
で、それも仕方がない。1歳違うだけで体力も力も全く違う。
きっとご機嫌で帰ってくるだろうな~。ま、褒めるしかないっか。ここは意外な展開で
持ち上げて持ち上げて、その気にさせる手段で行く。
夕方、テニスクラブで熊本の選手が練習するらしい。それを見に行きながら、今日の
反省を娘とするのが楽しみです。私は親として娘に夢と希望を与えなければならない
のだ!さえない通知表を持ってきたくらいで、ガンつけ合ってはいけないっ。

今日は大盛りだな~~~。
えっと、今日のsugarな部分は、息子のかつて通った幼稚園のバザーで美味しい
コーヒーを園長に入れさせ、いえ、入れていただき、まったりと仲間とお茶を
したことかしら。園長、牧師さんなのに、ショップオーナーばりの、手際のよさ。
豆をゴリゴリするところからやるものね。エライわ。
あとは全部Spiceだった、という事で。

以上、開会式の現場からお送りしました。うそ、家のパソコンから。
by usu_iimail | 2007-09-29 14:58 | 記念日 | Trackback | Comments(0)

親子の関係

今日で前学期が終了
という事は?

「通知表」

である。
朝一番、子供達を送り出すとき
「変な通知表、持ってくんなよーーーー!!」と
ご近所様にも聞こえるくらいでかい声を出してしまった。
もし変な通知表だったら、子供はどうするんだろう?
ま、とりあえず、我が子ですもの、普通に帰ってくることでしょう。

で、帰ってくる気配を感じ取ると玄関にはばかり、いきなり「出せ」と
子供を脅す。そして奪い取り見る。
「ちょっとー!何これ!晩飯抜き!」
って感じです。これはいつものことで。(晩飯は普通に出ます)

父が帰って来るや否や「ちょっと~これ見て、信じられない」
いきなり父に告げ口する。そして私に怒られ、父にも怒られ
行き場のない子供達。
「でもさ~。ここ頑張ったと思わない?」と必死に繕う子供。

このような事を子育て評論家が聞くと、どう思うだろうか?
「一言、頑張ったね」と言えないのか?と問われそうですね。
でもそんな、親だって必死なんだ。正直な親だと思って欲しい。
感情を出すって事は悪いことではないと思う。

子供が運動会で頑張れば狂ったように喜び(ビデオに残されていて
それを何回も再生される)、子供がよそ様にご迷惑をかければ
あちこち回って頭を下げ、校外学習など弁当のいるときは仕出屋の
折弁当のような素晴らしい弁当を持たせ、お友達が来れば接待も
頑張る。その他諸々、頑張る母を子供は見ている。

なので通知表をけなされるくらい、子供はへとも思ってないと私は
信じている。勉強まじめにやらなくて往復ビンタ、ピアノをやらなくて
けりを入れられる、それでも子供はついてくる。

息子が帰ってきた!
「出せ!」と言うと
「出してくださいって言ったら出す」と言うので
迷わず「出してください!」と言うや否や取り上げる!!
算数の成績が良いのに機嫌を良くしてる息子に向かって
「なんだこれ!!!」・・・・激怒した。

娘も帰ってきた!
「なにこれ・・・」
娘は明らかにムッとしていた。対抗して私も睨む。睨み合いだ。

これ、我が家の当たり前の光景。どこのお宅も同じだと思うけどね。
子育て評論家の奇麗事など一般家庭には通用しないぞ。
私がヒステリーを起こしてる横で、ピアノの発表会のプログラムを
ご近所さんに配りに行くと言って、長靴を探してる息子。(今日は雨)
何されても、何言われても動じない。この子は大成する、と信じる。
娘もムッとしながら鯛焼き食べてます。この子も大成する。

我が家の子育ては
Spice!Spice!Spice!のみである。
by usu_iimail | 2007-09-28 16:32 | 子育て | Trackback | Comments(0)

ピアノ発表会のリハーサルが終わった。
なんだよ~、よいでないのは(秋田弁ですな。標準語:ヨレヨレなのは)我が子
だけではなかった。他のお子様すみませんっ。
まだ全員ピークには達していない!と見て取れました。これからこれから!!
まずは成功でもなければ、失敗でもない。甘くもなければ辛くもない。

NO SUGAR & NO SPICE

なんか張り詰めた糸がゴムだったことに気がついて、なんていうか・・・・
今はアジャスターまで使って久々のゆったりとした時間を過ごしてるって感じかな。
これを油断って言うのよね。

それより・・・先生の反応がどうだったか知りたい。
あまりに恐ろしくて、息子が弾いてる間は、先生のほうを向けなかった。ついでに
発表会費用まで滞納してて、顔も上げられなかった。

息子は「わて、すげくね?」(おれ、すごくない?)と、会心の出来映えだったらしく
弾く前の緊張の面持ちはどっかに行っちゃってましたね。まあ、ここ最近の中では
聴けた方です。ここ一番になると人が変わったように、うねるようにピアノを弾く息子
です。これが本番になるともっと演技めいた動きをするのだ。しかし、今の出来では
その演技も猿芝居になりかねない!明日からまた特訓ですぞ!

GO!GO!
by usu_iimail | 2007-09-27 21:41 | 子育て | Trackback | Comments(0)

落ち着け、私

ここ数日、落ち着かない。
息子のピアノ発表会のリハーサルがいよいよ今日の夕方。
全くと言っていいほど仕上がってない。
毎日飽きるほど弾いているのに(私は完全に聞き飽きた)、上手くならない
のは?練習方法が悪いのだ。弾けばいいっつーものではない。

ここ2~3日で感情と言うものを息子の曲に注入してみた。少しは発表会
らしくなったかもしれないが・・・・技術がついてこない。曲が難しすぎたのか。
ちなみに「ハチャトリアン」を二曲程・・・。

落ち着かないのはそれだけではない。

週末、娘のテニスの試合が仙台である。藁にもすがる思いで、勝負に強くなる
パワーストーンを4700円も出して購入。このたび私は断腸の思いで同行を
しないことにした。娘のやりたいように!コーチに教えていただいたことを信じて
頑張ってきて欲しい。親はもう口出ししてはいけないのだ。コートでは一人なの
で、こればっかりは親の私も手立てなし。お守りを持たせるくらいしか・・・。

そして、土曜日はNHKの朝ドラの最終回だ。落ち着かない。(この辺はいいとして)

そして、土曜日は息子が卒園した幼稚園のバザーもある。お友達の作品が
欲しくて今からちょっとドキドキしている。とにかく落ち着かない。(この辺もなんとか
なる)

そして国体の開会式がある!(この辺は外せない)

月末に向けて、知人に提供している10月のイラストも仕上げた。
引き落としの口座にお金も入金した。
落ち着け私!

まだ、失敗も成功していないのだから。

まず、ゆっくりと散歩してきた。
近所も国体モード、ムンムンです。
d0129083_12351336.jpg

by usu_iimail | 2007-09-27 12:39 | 子育て | Trackback | Comments(0)

国体へのかかわり

夕方、スーパーからの帰り道、夕焼けが反映していたのかしら?
太平山が赤くなっていました。いつの間に紅葉が進んだの?という
くらい、茶色く、赤く・・・・・。
秋ですね。
秋田はすっかりと「国体」モードです。
選手も来秋して来ています。このお天気は良い歓迎になったことでしょう。

先日、お友達に頼まれて、国体での応援グッツという事で、「手ぬぐい」の
絵描きをしたわけです。こんなお仕事が大好きなもので、あっという間に
仕上げてお渡ししました。
選手にも配られると聞いて、秋田のアピールを!と、秋田での占いコーナー
と秋田弁講座を書き、ちょっとした四文字熟語を・・・・。

それを取材された方がいらっしゃった様で、秋田市のHPに載っていました。
こういうことがあると、本当に励みになるわけです。商業イラストではないので
描くときはほとんどが感覚。そういう感覚を認めてもらえたと言うことが
励みであり、喜びであり、財産となるのです。

私に手ぬぐいの仕事を下さったお友達に感謝です。また目に留めてくださった
取材の方へも感謝です。これは今日のスパイスですね。
こういった積み重ねをしていきたいと思います。
d0129083_235255.jpg

by usu_iimail | 2007-09-26 23:58 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

二ヶ月に一度 能代

二ヶ月に一度、能代市に通っている。
それ以外にも三ヶ月に一度、急に行きたくなってたまに、何かのついでにブラリ
私は年に何度、能代に行ってることだろう。
以前4年ほど住んでいた事があり、その名残が続いている。
どなたが見ているか分からないので、軽く説明しますと、世界遺産白神山地の
裾野の町、木材で栄えた町、ロケットの燃焼実験をする町、NBAの田臥さんが
高校時代を過ごした町、私の好きな町。

小さな子供二人と毎日遊んだ公園。能代はどこの公園にもバスケットゴールが
ある。遊具も充実している。車の通りが少ないから、道路で自転車の練習やら
テニスやら大縄跳び、とにかくお父さんが帰ってくるまで遊んでいた。
どこへ行くにも車で5~10分。プールは貸切、プラネタリウムも貸切、植物園も
貸切、展望台も貸切、温泉も貸切、小児科も貸切。バスも貸しきったことがある。

夢のようだ。

能代はもっとすごいぞ。

家の門構えがすごい。お墓も立派。小学校も立派。病院が沢山ある。ラーメンが
美味しい。どうして取材がこないのだ?北限の茶畑もあるぞ。
昔、栄えていた名残があちこちにあり、それがいい具合に寂れている。
今、流行っている「雑貨屋」と「カフェ」が一緒になったショップなどオープンさせたら
素敵だろうな~~~、という和洋折衷アンティークな建物・・・あるある。
私がオーナーになるならば、能代駅北側。畠町通りのシャッターどころではない
くらい、あれれ?って感じの通りがございまして、素敵な教会なんぞあったりして
空しさを感じるほどの空間。その先を進み・・・・たまらない私のツボの場所

「御指南町」

好きだな~~~。あんなところに自分のショップを開き、お客さんが来ないのは
よめてますので、ネットショップを・・・。でもイメージを出すために店舗を置く。
町の名前がまず素敵でしょ?

能代の皆さんは自分の町が好きですか?
どこかで「ミスドもない町」と小耳に挟みましたが・・・

私は能代は職人の町と呼んでおります。我が家にも能代の職人の作品がいくつか
ありますが、その第一は「家」、出来映え良好!春慶塗の「能代七夕」、手触り艶
良好!「能代べらぼう凧」。我が家の裏鬼門で色鮮やかに睨みをきかす。私の髪、
セット良好!私の「銀歯」、一発装着!
木材の町だからでしょうか?建築設計士さんも素晴らしい方々がいらっしゃいます
ね。能代には結構良い家が点在してますよ。

能代の話は尽きません。今度は能代の素敵なマダムの話を・・・。

今日は能代にスパイスを!!
写真は我が家の一部です。
d0129083_23305951.jpg

by usu_iimail | 2007-09-25 23:31 | Trackback | Comments(0)

運動会のその後

気だるい一日でした。
特に綱引きで体力使い果たした娘と夫は能面のような顔をしておりました。
なのにもかかわらず、テニスコートの予約なんぞしていたので、朝九時には現場に
集合。あまりの疲労にストレッチもろくに出来ない有り様でした。

娘と息子は私の過去の影響からか、硬式テニスをしています。時間がある時は
家族で、お友達とでテニス。とにかく週末は「テニス」です。

先日、お寺の住職から聞いたお話。

「遊び」について

これ、なかなか興味深かったので、覚えておきたくここに書いてみます。

「遊びとは、無心であること」
小さな子供を外に連れて出ると、何するわけでもなくブラブラしながら遊ぶ姿。
あれが本当の遊びの姿なのだそうです。
大人となると、ついつい目的を持って色々やるわけですが、その目的が発生
すると、たちまち遊びではなくなるのだそうです。とにかく無心であること。

みなさんは、遊べていますか?

子供のように無心に物事に向かうことが出来たのなら、どんなに良いか。
私、基本的に子供を対象にしたイラストを描いておりますが、子供が失敗をし
てしまった時の、あのきょとんとした顔、急に笑い出すあの笑顔に無心を感じ
るのです。可愛いさに、ドキッとしてしまいます。

運動会の綱引きの現場も無心の賜物だったのではないかな?
「あと一勝で優勝!」と思わずに引いていたはずです。だって、ブロックごとに
優勝チームが出るなんて思ってもいなかったのですから。
しばらくたってから「え?私達、優勝ですって~~!」という感じでした。
全員くたくたになりながら、惰性で?いや、そこに綱があるから引いていた。
相手に引かれるから、自分も無意識に引く。もしや究極の遊びだったのでは?

イラストは
「2位でゴールする娘」です。
いつも怒ってばかりの私ですが、この時ばかりは2位というお手柄を褒め称え
ました。子育ては「Sugar & Spice」ですよね。













d0129083_10257.jpg
by usu_iimail | 2007-09-25 00:55 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)

全速力

大運動会

雨上がり、延期に泣いた運動会が晴天の下、行われた。
娘、小学校最後の運動会。
徒競走のグループはタイムで分けられ、毎年気がつけば1位の娘も
早い子供の中で万事休すか・・・と思われた。娘も連日4位争いだ、
との報告。これは仕方がない。しかし・・・走ってみなければ分からない。

そして本番、食い込んだ!

2位!満足そうな娘の顔がキラキラと輝いていた。おめでとう!2位!

今までの1位よりも、自分の力を出し切っての堂々の2位。不安の中で
無心だったことだろう。1位以外はだんごレースだった。紙一重の差で
掴んだ栄光。どんなことよりも誇らしい!
d0129083_2244411.jpg



3年生息子も1位で走る!
みなぎる自信が2位との差に出た。たいして良いフォームでもないが、足の
回転がすごい!控えに戻る息子に声を掛けると・・・男らしい流し目で
「わて、今日もやっちった♪」
と言わんばかりの表情であった、のであった。


住民(とは言っても保護者ばかり)出場の、綱引きやリレーの熱かった事!
あれは本気だ。
リレーの30代男性など、有り得ない勢いで走り去る!
家庭でもああなのか?
今頃は全員、父も母も高いびきしてることでしょうね。

頑張った甲斐あって、綱引き優勝!町内一丸となった瞬間だった。

気合の私も、前走者の頑張りで1位でバトンをもらい、後ろを振り返りながらの
余裕の走り。実は腰を痛め辛かった~。でも無理せずかっこよく終われました。

と、言うことで、本日はめでたく勝利で、スパイシーな一日となりました。
ピリッときたね!

後ほど、今日の感動をイラストに p^0^q 。
by usu_iimail | 2007-09-23 23:01 | 子育て | Trackback | Comments(0)