Sugar&Spice nopppi.exblog.jp

絵を描くのが大好き 依頼に沿ったイラストを提供します 


by usu_iimail
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

さぬきうどんを食べたお話をしましたので、その延長戦。


ここぞと、美味しい物を食べ続けたお話です。  一人だと・・・高価な物にも手が出ます。



さて、到着したその日は、いきなり金刀比羅さんへ行って、長い階段をせっせとあがり・・・

戻りは頑張ったご褒美で、資生堂プロデュースのパフェを食べました。

d0129083_13184716.jpg
d0129083_13190509.jpg
和風パフェ。黒蜜がクリームとからみ、なんとも小贅沢。


香川と言えば「うどん」なのですが、フレンチレストランも充実していて、これは瀬戸内の味覚を

フレンチで!と思い、思い切って、30階展望付きのフレンチレストランで、超贅沢なディナー。




d0129083_13250724.jpg

瀬戸内海です。



d0129083_13422287.jpg

d0129083_13411671.jpg

d0129083_13430532.jpg


一人で食べていると、お店の人が沢山気を遣ってくださるので、普段以上にレストランを満喫でき

色々得をする事もあります。 ありがたいことです。 高松市内の夜景は本当に素晴らしかった。




2日目朝は、善通寺市にてモーニングです。市役所敷地内にある、偕行社のレストラン。

d0129083_13462052.jpg


d0129083_13482009.jpg


デザートのフルーツにいちぢくが付いていました。 スクランブルエッグもとても美味しかったです。



そして程なく丸亀市で食べた、昨日紹介したさぬきうどん。

d0129083_18244896.jpg



そしてその晩は・・・前日夜に港を散策した時に見つけたイタリアンレストランです。


d0129083_13511417.jpg
d0129083_13512416.jpg

小豆島のオリーブオイルたっぷりの、瀬戸内海の鯛のカルパッチョ、ドライトマトとオリーブは

あまりにもトマトが美味しくて、トマトだけをリクエストで注文しました。


ドライトマト、味が濃縮されて、甘みもあってとても美味しいです。



愛媛へ移動の日のお昼は、どこまでも地元にこだわり


d0129083_15031434.jpg

オリーブ茶はとてもヘルシー過ぎて、もう一声!という感じでした。 クリームパンは

濃厚極まりなく、ここにはやはり、お茶の渋みが欲しかったかな。




愛媛での一食。 ゴマサバも食べたかったけれど・・・だんだん胃も疲れてきています。

ここは一発そうめんでツルツルと。

その前に、お茶も我慢して喉も乾ききったところで、生オレンジビール

d0129083_13425088.jpg

一気飲みでした。味もたしなむ暇もなく、一気飲み。

後味爽やか!!  そういえば・・・さりげなく苦味の奥に柔らかな酸味を感じました。


そしてきました、瀬戸内海の鯛のそうめん


d0129083_15050345.jpg

鯛、一匹、軽く塩振りされて焼かれていました。

「麺つゆは、辛いので出汁で薄めてお食べください」

とお店の方に言われました。


が、薄めずそのまま。 まるで秋田の味でした。


周りの方々は、薄めた麺つゆに、軽く浸して、ソソソソソと食べていました。

私はどっぷりそうめんを麺つゆに泳がして、薬味や具を入れて全部一気にゾゾゾゾゾ。


鯛の骨以外、全部食して、お店の方もビックリしてました。つゆまで飲んでたから。

私、魚食べるの得意。



愛媛県松山市での朝ごはん、超シンプル


d0129083_15153336.jpg

おかずは、昆布に海苔。  でもこれが丁度良かったです。


お昼は鯛飯のおにぎり

d0129083_15163701.jpg

鯛飯と漬物の相性が良かったです。 鯛飯も味がしっかりとしていて、もちろん鯛のほぐし身も

しっかり入っていました。とても美味しかったです。



食事は旅の醍醐味ですよね。


しっかり食い倒れてきました。









by usu_iimail | 2014-08-31 15:18 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(0)
香川と言ったら 「うどん県」

はい、このように


d0129083_15384146.jpg
「うどん県」 行けば意味がわかります。 秋田だって稲庭うどんあるけれど・・・

香川に行けば分かります。本物だって。 香川県、本物よ~~~~。

「よ!うどん県」   写真は、金毘羅の麓の参道にて。 要潤。


とりあえず、移動中見かけたうどん屋さん、営業してなさそうなのも含め、とにかくコンビニ

並みにうどん屋さんがあります。



高松空港でバスを待っていて、空港二階に見つけたのが「うどんだし」の看板。

まさか!と行ってみると


d0129083_18295125.jpg
松山空港でポンジュースの出る蛇口があるのは聞きましたが、ここはうどんだし。

試してみました。


d0129083_18305916.jpg

出る出る。

飲んでみると・・・あああ・・・・。味の調整なんもない。とにかく出汁。

みりんも入ってなければ、醤油も、砂糖も(ごめん、これ私必要)何も入ってない。


ええ?これでみんな、うどん食べてるの? それは困った。

私はうどん屋で美味しくすすれるのかしら?




そんな心配もしながら・・・

私は丸亀市まで行き、うどんを食べてきました。

香川の人たちは、太くコシのあるうどんを「飲む」のだそうです。

細くて柔らかい稲庭うどんを飲むならまだしも、あの太いうどんを飲む?!


到着しました、有名なうどん屋さん


d0129083_15445914.jpg

老若男女、並んでおります。無くなり次第終了だそうで、私も急ぎます。


d0129083_15461042.jpg

d0129083_15462612.jpg

d0129083_15464063.jpg

どうやって注文するのか、どうやってゴールにたどり着くのか・・・緊張しながら周りをチェック。


まずは様子を伺わないと。 私の注文は、「冷やしうどんの小」これ言うのに緊張して

「うどん!」としか言わなかった私。 でも「卵も!」と言ったら 「自分でやってください」

と言われました。  そうよね、ここはセルフなんだから。 


d0129083_15493201.jpg

向こう隣りでは、丼ぶりに卵を溶いてるお客が。私もそれやるのかしら?

でもようすを更に伺い、それは「窯玉」だと言うことが分かりました。 勉強になりました。

私は違うの、冷たいのだから。


無事どんぶりのうどんをもらい・・・

目の前にある「しょうゆだれ」前の人にならって、ピピッとかけてたら、もうすでに前の人の姿がなく

参考人がいなくなり不安になる。「めんつゆ」をかければいいの?それとも「しょうゆだれ」かけた

からいらないの? と、あれこれ聞いたらお店の人は

「お好みですから」

という答えしかくれませんでした。何を聞いても「お好みですから・・・」

で、結局めんつゆもかけたのですが、出来上がりが、至って普通

d0129083_18244896.jpg
これで270円。

これを一気に混ぜる


d0129083_18270877.jpg

そうそうこれこれ。 味も大丈夫!! 次々とテーブルに相席メンバーが埋まり、そのすすりの

早いこと!私より後に来てるのに。  飲んでるんだね・・・。




これで私も、秋田の丸亀製麺で堂々通ぶって食べれます。







by usu_iimail | 2014-08-30 18:34 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(0)
なのですよっ

これがなければ、四国までは行かないのです。


d0129083_00095827.jpg


香川県大会。毎年それなりに苦労をして、全国の切符を手にする娘ももう4年生。

最近負けの続く大会で、今年は勝てたのです。

来年の出場が怪しいので(若手の活躍により)、今年で最後かも・・・と、ならば

是非とも良い試合を、と願っていたので、とても嬉しいことでした。


ダブルス 一回戦 関西勢に8-2で勝利

ダブルス 二回戦 四国勢に2-8で敗退

シングルス 一回戦 関西勢に8-6で勝利 (対一年生、年の功でなんとか逃げ切る)

シングルス 二回戦 九州勢に1-8で敗退 (対5年生、強者です。が喰らい付く)



d0129083_00064564.jpg
d0129083_00072098.jpg

d0129083_00075012.jpg

d0129083_00090573.jpg

d0129083_00083134.jpg

後が苦手なペアと、前が苦手な娘が、苦手ならば頭を使えと、必死に考えたフォーメーションは

二回戦で撃沈。自分達が出来るすべてで頑張りました。



シングルス一回戦は、関西勢。やっぱり関西はすごいなぁと感じる場面多々。

ただ、若さが焦りに代わってしまったり、娘のゆるいボールにタイミングがずれてしまっていたかも

しれません。  逆に娘は年の効力を発揮できてラッキーな一面も。


d0129083_00150610.jpg

d0129083_00152441.jpg


d0129083_00155659.jpg

d0129083_00164599.jpg

二回戦は娘よりも更に上、5年生とです。全国常連の選手。彼女は今年で最後。

試合が出来て良かったです。それもかなり良い感じのラリーが続きました。

娘が競り勝ったラリーも3つくらいあったように思います。


d0129083_00193762.jpg

d0129083_00201657.jpg

d0129083_00203831.jpg

d0129083_00210327.jpg

d0129083_00212410.jpg
フォアハンド、良く体が回っていました。

というか、そうでもしないと返せないくらい、相手がパワーヒッターでした。


d0129083_00225673.jpg
おまけの写真です。

私が感心してたのは、一回戦からずっと、やればやるほどストロークが良くなっていくこと。

そして打ち込むコースがとても良いこと。

長いラリーが続いて、それでポイント出来なくとも、早い切り替えが出来ていたこと。

終始、やれることをやっている自信を感じました。表情をお見せできないのが残念です。


そして毎度スマートな試合運び、そしてまったくガツガツしない、怪しい品格が漂っています。

スマートテニスをすることで・・・勝負を狙えなくなってるという所もありますが(汗)。


とにかく、中一の時の中牟田杯だったかな?あの時以来の素晴らしいゲーム展開でした。


四国まで行って良かった。そして小豆島をあきらめて試合をしっかり見れて良かったです。





by usu_iimail | 2014-08-30 00:31 | 娘のテニス | Trackback | Comments(0)

旅から戻りました

いくら旅が好きと言っても・・・いくら他県を良いな~と羨ましく思っても

3日も経つと、「秋田に帰りてーよーーーーー」

と、すごーーーく思います。

「じゃあ行くな」、って感じですが、行って地元や秋田の良さを知るものです。

でも今回に関しては、「どうして秋田って・・・」

と、残念に思うことがあり、それはまた後で旅のレポートで語ります。



明日から延々、私の旅話・・・

今日はゆっくりしたいと思います。


お土産も・・・実は初めて「この人に!」と思う、私の魂のこもった物を準備しています。

買ったものではつまらない、この人にはこれだ!というお土産、仕込みが終わったら紹介します。

一名様分。



何はともあれ、無事に帰れたこと、うっちゃんがう薬ちゃんと飲んでくれてたこと、

連日体育祭やら球技大会やらで、お弁当必要な時に作ってやれなかった息子よ、それを作ってくれた

姉や、ご飯を作ってくれた母、色々我慢してくれた夫に、ありがとう。


今日は私、愛媛県松山市の松山城から眼下に広がる城下を眺めていたのに、もう秋田にいます。


d0129083_19152799.jpg

松山に暮らした「夏目漱石」が、東京に戻りたいと、正岡子規にこぼしていたそうです。

私はいとも簡単に、東京へひとっ飛び。 当時、夏目漱石は帰りたくとも帰れない、

しかもいとも簡単にたどり着かない東京に、どんな思いを馳せていたのでしょうね。


今朝浸かってきた道後温泉に、「坊ちゃんの間」という場所があり、そこでそんな話を

知りました。


ではまた明日。




by usu_iimail | 2014-08-29 19:18 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(0)
娘の奮闘で良い大会となりました。

2-8で2回戦負けです。

詳しくはまた後程。


そして私は、道後温泉。


d0129083_22441165.jpg



写真がひっくり返ってますね。

私の力ではどうにもできず。


後程!!
by usu_iimail | 2014-08-28 22:39 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(0)

高松にいます。

素晴らしい街です。


こんなに瀬戸内海が、讃岐平野が美しいとは!

ことでんの電車が縦揺れしてるの。

びょんびょん。

あちこちに、小さな富士山。

うどんばっかり。

1人で旅をしていても、ひとりじゃないの。

どこへ行っても私は誰かと一緒。

うどんも相席、瀬戸大橋タワーも、地元のおばさんと。
レストランでも、テニスコートでも、車でも、

レンタカー屋でも、楽しい会話が弾みます。


ありがたいことです。

娘も、勝ち上がりました。


明日の小豆島はお預けとなりました。


瀬戸大橋付近の景色です。
d0129083_22144821.jpg



沙弥島(しゃみじま)と言います。まるでプライベートビーチの様な場所があります。


明日もテニスコートです。

by usu_iimail | 2014-08-27 22:03 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(0)

明日から

先程はスマートフォンから試験送信してみました。


んーーーー、まったくスマートじゃない。


ついでに私もまったくスマートからかけ離れてしまった。



明日から 「うどん県」へ行って参ります。

とは言っても、天候が大変不安であり、娘の大会出場に関しては全く不安は無いのですが、

とにかく天候が不安。広島から海一つ隔てた「みかん県」へも行こうとしており・・・

非常に不安です。



うどん県で、みかん県でなにしよう、なに食べようと調べるうちに、うどん県はうどんどころでない

フレンチレストランが素晴らしいことに気づき、ちょっと値が張ってでも、瀬戸内の食材で作った

フレンチを食べてみたい!フランスパンにたっぷりのオリーブオイルをつけて食べてみたい!!

と切望する次第です。


小豆島までは行けなくとも、高松より気軽に行ける島に上陸予定ではありましたが・・・

なにせ天候に不安あり、金毘羅へ行こうかと思っています。


香川のメインはフレンチ。 うどんじゃないの?とお思いでしょうけれど・・・。

愛媛のメインは相部屋の宿。  あえての相部屋で。


旅日記をお待ちいただきたく思います。


d0129083_13440010.jpg

また行くんだ・・・、と言ってます。  ↑


しかし、高校生、打ちまくりだね!!こんな打撃戦そうそうないよね。



by usu_iimail | 2014-08-25 13:45 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)
スマホが重たくて、来月には整形外科へ行ってるかも?

寝ながらやっててうたた寝の直後、スマホが顔面に。

縦にも横にもスライドしない、私の指では。

スライドさせるとき、つい癖で指を軽くなめる。

そして更にスライドしにくくなる。

指が邪魔して写真撮れないとわかっていても、瞬時に

改善できない。

ラインのスピードについていけない。

触ったつもりはない、でも画面変わる。

押した場所の前後に反応する。

無料ゲームが途中から、アレがないと先に進めない

と宣告されてしまう。

メールの内容をずいぶん簡略化している。

ラインで友達増えたらどうしよう、と心配。対応できない。

拡大 すると、全部見えない。

目が疲れる。

集中すると鼻水と涙がとまらない。


スマホあるある。



by usu_iimail | 2014-08-25 11:13 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)

魚をおろす

魚をおろす人

d0129083_20161206.jpg

魚の向きが悪くて、手際が更に悪くなる でもなんとかお刺身らしくなってきたよ


d0129083_20163195.jpg

カルパッチョにするために・・・


オリーブオイルと・・・冷やし中華のスープ!!


d0129083_20170377.jpg

まちがいない味。



鯛のアラ汁の味付けも、やってみました


d0129083_20181948.jpg

息子の夏の課題です。


鯛とサーモンのカルパッチョ、オレンジ添え







by usu_iimail | 2014-08-24 20:19 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)

ALS

姉がマッシュルームをみじん切りにしてたら・・・

お行儀よく近寄ってきたういたろう。


d0129083_18344582.jpg

いつも、みじん切りのくるみをもらうので、みじんぎりのアクションを見て

「ぼくのでしょ!!」 と期待してるみたいです。


もちろんその後、クルミをもらっていました。



さて、今、氷水をかぶるニュースが、動画が次々と。


義母をALSで亡くして10年以上経つ我が家です。  

ALS(筋委縮性側索硬化症)、名前だけ見ると、身体が縮んで硬くなってしまうんじゃ!!

そんなことはありません。見た目、力なくなっていきます。背もたれが頭まである車椅子に

乗ります。もちろん身体に力が入らないからです。

なぜそんな名前なんだろう?と、義母を見てそう思っていました。


難病とわかり、どうやったら治せるか、治りたい!という切羽詰まった状況ではありませんでした。

病気になってしまったからには、受け入れるのが一番と思いました。そう思うしかなかったのです。



義母が元気に新日本舞踊をやっていた頃は、家族全員がそれぞれ忙しくしていました。

義母の介護が必要になり、会話を交わすこともないくらい素っ気ない義父が、週末、単身赴任先から病院に

通いました。私の夫もそれを手伝いました。私は子供がまだ小さかったので、子育て中心の生活でした。

それぞれが、それぞれの生活に明け暮れていただけの毎日に変化が出ました。


義母の手をさする義父の姿がすごく新鮮だったし、義父も苦しかったでしょう、首を動かして

「YES」「NO」としか答えられない義母が返事に困っていると、(はい、と言って欲しい義父が)

「はいって言え!」と返事を強要したことも・・・その時の義父の気持ちが、義母の気持ちが痛いほど

わかり、その時一番家族だな~~と、良い事も悪い事も全部含めて受け入れられるようになりました。




私にとっては 「ALS」は、我が家にとって、意味のある病気だったと思っています。

今となっては懐かしい思い出、義母もやっと皆が自分の方を向いてくれた、家族が色々考えてくれた、

と思っていると思います。 また、沢山の人を相手に生きていた義母でしたが、病気により、本当に自分を

思ってくれていた人は誰か・・・と言うこともわかったと思います。



義母の最後は、国立療養所で横隔膜が自然に動かなくなり、肺呼吸が出来なくなり・・・・

というものでした。人工呼吸はつけない選択でした。 義母が迷わずに決めた選択です。



病院で義母が頭がかゆいと訴えた時に、洗髪してあげたのは良かったですが・・・、手際が悪く、義母も

体勢が苦しかったでしょう。なのにずっと我慢してくれていました。

「義母にしてあげれた」「嫁にしてもらえた」という、お互いの満足のために、ジッと我慢してくれた義母に

ありがとう!! という清々しい気持ちでいれる感謝を伝えたいです。  




あれから11年、そろそろ病気の一端でも解明できていることを期待しています。

なすすべもなく、受け入れざるを得ず苦しい思いをされている方々が、沢山いらっしゃいます。

病気を治すまでにはまだまだかかるのだと思います。ならば、患者さんや家族の苦悩が少しでもやわらぐ

ようなシステム、また介護体制、未来が明るく思えるよう生活の整えが出来るように・・・。

ALSのみならず、病気に苦しむ方々の支えは必ず必要ですよね。




ご寄付に氷水に...そしてご理解頂いた皆様には敬意ばかりです。

そして現代の情報の広がりには驚くばかりです。

私も何かの役に立つ人になれるよう頑張ります。 (氷水は残念ながらかぶれませんっ012.gif





by usu_iimail | 2014-08-23 19:14 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)