大学受験の思い出

起きたら、中央線が止まってるって



d0129083_17070210.jpg



ええーーーー!今日は何の日かJRよ、わかってるわよね

大学入試よ!!何もこんな日に・・・


ブログを読んでくださる方で、まさにご子息お受験と言う方も

いるのよーーー



息子は現在、マンションも大学も中央線沿線

先には東京農工大学や一橋があるわ もっと先には首都大もよ

受験生の「まさか!」の声が聞こえてくるようです

さぞや、ご家族も心配されたことでしょう


中央線、遅延とか結構あるのよね・・・



2年前、息子は二週間かけて私大を受験しまくりました

数撃ちゃ当たる方式の受験でした(だって夫がそうするんだもん)



d0129083_16513734.jpg

義兄の住む文京区千石のマンションに転がり込み、受けまくり

その間こっそり好きなバンドの武道館ライブの物販に行ったり

してたみたい



5大学、センター利用、一般S、A、B、C方式各種に出願

途中、1つ大学の願書を足して6大学



d0129083_16540834.jpg

連日、たまに飛び石で試験が続き、毎朝、電話をかけて

安否と起きているかを確認 (義兄は早朝出勤)



なんとか受け続けていましたが、流石に環境も変わり、食事も

自分で作り、緊張の続く毎日に疲労がたまったか、弱音のLINE



d0129083_16571961.jpg


励ましも疲れるかと察し、小さい頃の思い出話を延々送り

私も耐えきれず泣いていました


思い出話が良い気分転換になったようで、頑張るとのこと




しかし、その頑張りも空しく、失敗していたセンター試験の

不合格の発表が次々続き


ついでに本命大学試験中に、滑り止めの大学に不合格になった

事も知り・・・どん底を味わう中盤戦



d0129083_17031120.jpg

滑り止めなんて、「試験簡単だった!」って言ってたし

手応え感じてたのに不合格

そのダメージは計り知れず



布団で引きこもる息子に義兄がご飯を作ってくれて

画像も送ってくれました



d0129083_17053279.jpg



あったかい物食べれば、少しは元気になるわ


そして色々乗り越え、とうとう2月13日

1月31日に出発してかれこれ二週間、最後の試験日




d0129083_17073584.jpg


試験が終わってから新幹線で帰郷しました

試験の手応えは、特に語らなかったと思います

ただ、最後の試験という特別な安堵感はあったと思います



帰郷した次の日、疲れもあったでしょうが、滑り止めの次に

可能性のある大学のセンター利用の発表・・・

5つ連続の不合格でした


そして夕方、ここには受かってほしい!という本命じゃないけど

身の丈の大学の発表



確か、朝からあまりお天気が良くなくて、でも夕方になるにつれ

陽の光がさしてきてました



d0129083_17092265.jpg


緊張でパソコンのキーが押せない、そして謝り始める息子



私も同様、見ることが出来ずベットに伏せて涙をこらえました

そこへ、歓喜かあきらめかわからない力の無い奇声が



息子がこちらを潤んだ目で見ていました  合格・・・



d0129083_17184861.jpg


抱き合って喜びました

涙声の夫から電話がかかってきました

やっとやっと合格です




これで息子は大学生になれることが決まりました

私はもうアパートは千歳船橋と決めていました

SUMOの画面はお気に入り保存してました

私はこの大学に入学して欲しかったのです



しかしその後も本命含む3つの大学の一般試験の発表が

残っていたため数日待つことに



本命は不合格、そしてやや滑り止めに近い大学には合格

そして最後に受けた大学はあきらめていたのですが、受かってる!!



ええええええええええ意外過ぎて、全員実感わかず

しかしながら息子は今、その大学に行っています


結局、その後に予定していた追加の大学には受験に行かず

あとから「不合格」通知が届きました


ということで、6大学、3合格、7不合格と言う結果でした



そして、住まいを求めて東京へ



d0129083_17223342.jpg


夫の言う、鉄筋、駅近

恐ろしい程、家賃高いです、秋田の二倍です



そして息子は大都会東京の大学生となり・・・・

こうなった



d0129083_17340329.jpg


そして私は激ヤセしたわ (もどったわ)




最近は・・・LINEの既読もろくにつかず




d0129083_17384434.jpg


サポートのバンドのTwitterで息子の写真を見つける

スポットライトを浴びてました

相変わらず、オタクっぽかった




そして私は今日も働く



d0129083_17404627.jpg


春から勤務体制を変えようと思う


働きすぎると、扶養から外れなきゃいけなくなるでしょ?

細々、余力を残しておかないとね  

千代の富士じゃないけど、私も 「体力の限界」

細く、長く、働きたいのでよろしくお願いします



大学生を持つ親の皆さん 子供の4年間を支え切りましょう

って我が家は4年で済むのかね?















トラックバックURL : https://nopppi.exblog.jp/tb/27459809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by usu_iimail | 2019-02-26 00:01 | 息子と音楽 | Trackback | Comments(0)

絵を描くのが大好き 依頼に沿ったイラストを提供します 


by usu_iimail
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る