2012年 08月 24日 ( 1 )

スケッチブックと旅 2

旅の話、第二弾です。



秋田から大阪へ向かう飛行機の中。下は夕焼けも消えた薄暗い世界。

佐渡島、能登半島、立山、上高地、琵琶湖、天理市を望みながら伊丹へ。


地図を見るのが好きですが、その地図通りになっているのが楽しくて

飛行機の中で「今日の一言」、作りまくりました。


その句の数25


力強い 山が連なり 谷深し どこまで続く 飛騨の山脈

富山名 秋田で珍名 我が名字 雲の下には ○○○の部落

ほらここに シルエットだけど 若狭湾 隣のおばさん 元気出るかな

耳キンキン 仕方ないけど 苦しいよ つばを飲み込み 耳ピーっと鳴る

着陸だー 気をつけてろよ 下の人 今から私が 舞い降りますから


5句、抜粋しました。 今日の一言、5日分です。




 ~トランジット大阪~

乗り換えだけではつまらないので・・・約3時間の観光です。

梅田に降ろされた私は、中之島に向かって歩きました。
d0129083_134776.jpg

大阪と言ったら、私は「中之島」。   ブルース? 


でも様子がおかしいの。どこまで行っても川にたどり着きません。

おかしい、地図では南に行けば中之島なのに!

一応夫に場所確認。そしたら夫は戻れと言う。  実は「福島駅」近辺で

迷っていたのですが、その福島駅近辺と言うのがまた面白い所で・・・
d0129083_13475057.jpg

戻れと言われたのに、あっちぶらぶら、小路に吸い込まれたりしてるうち
d0129083_13483045.jpg

また迷った。
d0129083_1349293.jpg

これがね、すごいナンバーだったんだ~。 大阪の人って面白いね。
d0129083_13503199.jpg

こうやって悪ふざけしてるうちに、気がついたら中之島にいました。
d0129083_1353202.jpg

d0129083_1353545.jpg
 
実際中之島なのかその対岸なのかは分からなかったのですが、とにかく

満足できる場所にたどり着いたらしいです。


またそのままぶらっと歩くと、「住友病院」ですって
d0129083_13561730.jpg

財閥の名前そのまんま病院名なんだね。 さすが大阪だな~。住友。

そしてその後、私は完全に道に迷うのでした。

また夫に電話してみたら、私はとんでもないとこに居たらしく、夫に「場所を

説明しろ!」と迫りつつも、めんどくさくてコンビニで地図で確認。

自分の居場所が異常だった事に気づき・・・観念してタクシー捕まえた。


そしてタクシーの運転手と意気投合し、ほんの5分間で運転手さんが色んな事

教えてくれました。
d0129083_1433394.jpg

「朝日新聞、建て替えてツインタワーにする」

「大阪市の駅前のビルがガラガラで、市長が怒っている」

「この会社 ○○は今、景気悪い」

などなど・・・私も喋りますが、運転手も喋る喋る。お孫さんが今、中ニ年で

いじめにあってるんですって。
d0129083_144162.jpg

大津の話になり、運転手 「大津は京都のベットタウンになってて、中流階級の人

がすごく多い街」 と言っていました。それなりに地位のある人が多い町なんだね。


ものの5分、二人で喋り倒し

「ここ、大阪フェスティバルホール」 「ええええ!!あのフェスティバルホール??」

こんな会話まで。  タクシー降りるときには

「1160円、1100円でよろしい」と言われ 「いやいや、1200円、おつりはいらない」

と返し、値切るイメージの大阪の方におまけしてもらえそうなところを阻止し、気前

良く、40円多く払ってきました。


「大阪でなにかやらかす!」と言っていた私ですが、本当に色々しでかして参りました。



バスターミナルのおじさんがマイクを持つと、何喋ってるかわからない。

歩いてるだけで 「京橋の八百屋ですが、果物いりませんか?」と、チャッチセールス。

梅田駅の前の「ヨドバシカメラ」、オープンの時は戦後の闇市どころでない賑わい

だった。(タクシー運転手の談)
d0129083_14184151.jpg

滞在時間3時間20分。



「松江、出雲市行き~くにびき号 発車しまーす」

無事にバスに乗りました。
by usu_iimail | 2012-08-24 14:19 | 私の仕事 | Trackback | Comments(0)

絵を描くのが大好き 依頼に沿ったイラストを提供します