2019年 12月 12日 ( 1 )

前回、黒磯へ行こうとして寝坊しました

そして今回は寝坊しないと誓って寝たら



旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~_d0129083_17170499.jpg

同じように寝坊して夫に起こされました

夫もあと30分早く起こしてくれれば


てことで、次のこまちは盛岡までなら席があると

言うので、とりあえず盛岡へ向かいました


ジブリ大博覧会やってるしね



旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~_d0129083_17194186.jpg


岩手県立美術館

ものすごい行列に、並ぶ気持ちになれませんでしたが

1100円かけてタクシー乗ったんだよ・・・

入場料1500円更に払って並びました

30分くらい並んだでしょうか



旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~_d0129083_17220300.jpg

会場内も大混雑、そうよ、土曜日だもの

混雑具合をイラストにすると更に30分くらい

かかるので割愛します

私の周りに老若男女いると思って見てください



一番すごかったのは、やはりこれよ



旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~_d0129083_17244876.jpg


オームよ  「王虫」だったかな

リアリティ抜群でした



帰りはタクシーで「紺屋町」まで乗せてもらいました


盛岡を代表する建物が沢山

こちらは旧第九十銀行



旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~_d0129083_23235009.jpg

そして旧盛岡銀行

ほぼ東京駅よね



旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~_d0129083_23252488.jpg


中がまたキュンキュンします


旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~_d0129083_23261282.jpg


数年前まで銀行として使われていたそうです



旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~_d0129083_23263160.jpg


中は時代と共に使いやすく改装しているようですが

それでもこのクラシックな感じは本当に素敵ね



旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~_d0129083_23290311.jpg


さもない建物が、よーく見るととても味わい深い

盛岡の紺屋町です

一軒のカフェに入ると、そこは南部鉄器のショールーム

を兼ねていました

お水の代わりに鉄器で沸かしたさ湯がふるまわれ

疲れ気味の体に沁みました



旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~_d0129083_23311057.jpg


黒豆のご飯を、チンゲン菜の豆乳スープとサラダで

食べるのですが・・・生臭物が何もないランチ


優しい・・・としか言いようがない、からだの為の

最高級のランチです

画像のように、外から丸見えな為



旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~_d0129083_23352483.jpg

人が通らない瞬間に口にほおばる

そして、車が目の前で停車したりするもんだから

ひたすら噛み続ける

咀嚼回数がうなぎのぼりで、最高に身体に良い×2



ランチの後は、奥の間の南部鉄器のショールームへ



旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~_d0129083_23322231.jpg


とってもアーバンな南部鉄器で、しかもIH可能って

欲しくなっちゃうじゃない

ほら、私、鉄不足でぶっ倒れてるから興味ある

15分早起きして湯を沸かすって生活をしてみたいわ



6時55分に出社する為に、6時35分に起きる私

これだから朝からいっぱいいっぱいなのよね



他にも私の大好物の、当時近代的だったはずのビル


旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~_d0129083_23460692.jpg

こういう佇まいはもう・・・リノベーション案件よね



そしてリノベーションしてこうなった的な


旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~_d0129083_23315317.jpg

そしてこちらは静かに何かを待っている写真館



旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~_d0129083_23494061.jpg

ずーっとずーっと残って欲しい、と皆がきっと思ってる


まだまだ面白い建物沢山、ですが、私にも限界があり

次回と致します (桜が咲いたらまた来たいな)



盛岡市内、雪はなかったのですが・・・寒い

なんというか、キーーーーーーンと毛穴を刺激する

頭皮がしびれる感じがしました


秋田の湿ったじんわりとした寒さと違います


市内の名所をぐるぐる回るバスを待ってる間

頭がズキンズキンと痛みました、寒さにやられました


盛岡は寒い









by usu_iimail | 2019-12-12 00:01 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(0)