カテゴリ:旅のコーナー( 200 )

旅日記 六本木「天空の鉄道物語」 ~懐かしい~

柄にもなくギロッポンに行ってきました



2500円の入場料で「天空の鉄道物語」

盛岡のジブリが大混雑だったので

ここもそうだろうと思いきや、中華名店の

チャーハンのようにパラッとしてました

1回も並ばず、すべてスムーズに閲覧



d0129083_14285275.jpg


まずは切符に日付けを入れまーす

こういうのやってみたかったのよね



d0129083_14314069.jpg


これは島根県のはんこ


そして切符を切る道具



d0129083_14320901.jpg


これをリズミカルにカンカン鳴らしてる

駅員さんいたなあ



こう言うの見ると、もう哀愁しかないわね


d0129083_14374794.jpg


よくおばあちゃんに連れられて小さな頃東京へ

行ったものだけど、「つばさ」に乗って8時間

山形の真室川あたりまでは記憶にあるけど

後半は寝てたのでしょう、記憶がありません



また母に連れられ、実家のある大曲に鈍行列車で

向かう時、(たまに急行にも乗る)

実家へ帰るわくわくした母が



d0129083_14443904.jpg

大曲までの停車駅を指を折って数えるもので

すっかり覚えてしまい、帰りは自分で

「次は峰吉川だ」とか呟いたものでした


そしてデッキの所で小さなペッタンコの紙の

コップに水を汲み何杯も飲んだっけ

トドメは連結部分に乗ってゆらゆら揺られるのも

好きでした(たまに幌がやぶけてて線路見える)



そして偶然なのですが、本格的な電車でGOがあって

そこで男の子が熱心に運転してるのですが

なかなか時間内に目的地にたどり着くことが出来ず

何度も挑戦してたのですが、その区間が



秋田~大曲




d0129083_21502931.jpg

なのですが、何度も四ツ小屋駅で時間となって

なかなかたどり着けないの



d0129083_21501025.jpg


ええい、かせぇぇぇぇぇい!!

と割り込みたくなりましたが、大人だから

しかもゲームだから・・・


それにしても、この子、秋田新幹線で

秋田~大曲の区間を選ぶなんて、センスある




そしてガラガラだった食堂に入り(カフェか)

駅弁ではなく、蕎麦を注文



d0129083_14515213.jpg


お気づきでしょうか、右上のお茶の入れ物

入れ物はとても似ていますが・・・味が違うの

茶葉の入れっぱなしの苦みが欲しかったなあ


お蕎麦が1000円には度肝を抜かれましたが

おまけのお稲荷さんが美味しかったです



なによりの良かったのは、空いてたから

極上の席で食べれたことです



d0129083_14562497.jpg


蕎麦の上に、東京タワーと増上寺をトッピング




展望はこんな感じ

いい暮らしなのでしょうけれど、私には無理だなぁ



d0129083_14583374.jpg


下界に降りるのが大変よね・・・

コンビニも通勤もゴミ出しも・・・

7時出社に6時50分に家を出る私には無理だ



天空過ぎて、なんと私、からだがプーーーーッと

膨らんでしまい、顔にマスクのしわの跡まで

くっきりついていました  気圧に弱いらしいです



東京に住んでいる時、銀座線が大好きでした

この券売機、懐かしいです



d0129083_15025732.jpg


ちょっと前まで使ってたのにね

もう懐かしいのよね、これも


d0129083_15084060.jpg




天空から下々を見てるうちにあっという間に

時間が過ぎてしまいました



大慌てで日比谷まで

日比谷線で霞が関で降りた時に思い出しました

ここは地下鉄サリン事件の凄惨な現場だったなあ

って。娘が生まれる時だから24年前かしら

古い駅構内は、私が見たニュースの様子とあまり

変わっていませんでした



d0129083_15102790.jpg




そして私が行きたかったのは、日比谷図書館

こちらの展示室は、いつも素敵な企画が多くて

たまにチェックをしてましが、今回はたまたま

アール・デコの造本に関する企画


これがまた、フライヤーからしてオシャレで



d0129083_15145568.jpg

センスがすべてだと痛感しました

私、センスないからなあ・・・


帰り、とぼとぼ日比谷公園を歩きました





千と千尋の神隠しの後半に出てくる、ゼニーバの

家の外灯のように見えました




d0129083_15160355.jpg


そして、この結婚式場がゼニーバの家みたい


以前は公園事務所だったそうです、とても可愛い



d0129083_15175981.jpg

暗い東京も良いもんですね
















by usu_iimail | 2019-12-14 00:01 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(0)

旅日記 横浜市 ~懐かしい記憶いっぱい~

相鉄線とJRがつながって、お友達の家もぐっと

近くなりました



お友達の家は相鉄線最寄駅から、徒歩5~6分

車でのお迎えを断って、「一人で行く!」と

歩いて行きましたが、ちょっと迷ったり、でも

やっと目印のテニスコートを発見!さあ着くぞ

と思ったら



d0129083_16103318.jpg



お友達が出て来てくれてて、あと一歩という

ところで拾われてしまった私です


えーーーーー・・・っと残尿感もありましたが

こうやって気にかけて迎えに出てくれてるのは

やっぱり嬉しいもんで、鼻水一滴垂れました。

(涙をこらえると鼻水になるよね)



d0129083_16140996.jpg

生まれて二週間、小さな小さな赤ちゃん

これがまた可愛くて、生まれたての赤ちゃん見るの

久しぶり過ぎて拝むだけで精一杯


綺麗なお母さんと、これまた優しそうなご主人

私のアホな会話に笑顔で付き合ってくれました



d0129083_17141736.jpg

持参したにぎりめしを食べようとしたら

次々とおかずを出してくれて、お茶まで


煮物が美味い。ホッとしたわ


そして、あまりに生まれたてなもので抱くのは

遠慮しておこうと思いましたが、なんといきなり

私の手に!!  


d0129083_17214275.jpg


恐ろしや・・・

私のオッパイに顔を向けてくるではないか


もう私のオッパイからは変なツユしか出てこない

んだよぉ・・・


もし、この世に私と赤子しかいなかったら・・・

飲ませるかもしれないけど



さて、長居はしてはいけない

重い腰を上げ、帰路につきましたが、せっかくここまで

来て、イ横浜を少しくらい楽しんだらどうかと思い

家族へのクリスマスプレゼント買ったり

クリスマスのイルミネーションを見てるうちに

遅くなってしまいました


d0129083_17311602.jpg



横浜に一人ってなんか寂しいもんだね

イルミネーションが豪華すぎて、更に寂しくなりました



d0129083_17320951.jpg



d0129083_17322901.jpg


d0129083_17324736.jpg


d0129083_17333245.jpg





昔、横浜に来た時の色んな思い出にひたりながら

じーっと運河ににじむビルの灯りを見てました













by usu_iimail | 2019-12-13 00:01 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(1)

旅日記 盛岡市 ~大人の寝坊~

前回、黒磯へ行こうとして寝坊しました

そして今回は寝坊しないと誓って寝たら



d0129083_17170499.jpg

同じように寝坊して夫に起こされました

夫もあと30分早く起こしてくれれば


てことで、次のこまちは盛岡までなら席があると

言うので、とりあえず盛岡へ向かいました


ジブリ大博覧会やってるしね



d0129083_17194186.jpg


岩手県立美術館

ものすごい行列に、並ぶ気持ちになれませんでしたが

1100円かけてタクシー乗ったんだよ・・・

入場料1500円更に払って並びました

30分くらい並んだでしょうか



d0129083_17220300.jpg

会場内も大混雑、そうよ、土曜日だもの

混雑具合をイラストにすると更に30分くらい

かかるので割愛します

私の周りに老若男女いると思って見てください



一番すごかったのは、やはりこれよ



d0129083_17244876.jpg


オームよ  「王虫」だったかな

リアリティ抜群でした



帰りはタクシーで「紺屋町」まで乗せてもらいました


盛岡を代表する建物が沢山

こちらは旧第九十銀行



d0129083_23235009.jpg

そして旧盛岡銀行

ほぼ東京駅よね



d0129083_23252488.jpg


中がまたキュンキュンします


d0129083_23261282.jpg


数年前まで銀行として使われていたそうです



d0129083_23263160.jpg


中は時代と共に使いやすく改装しているようですが

それでもこのクラシックな感じは本当に素敵ね



d0129083_23290311.jpg


さもない建物が、よーく見るととても味わい深い

盛岡の紺屋町です

一軒のカフェに入ると、そこは南部鉄器のショールーム

を兼ねていました

お水の代わりに鉄器で沸かしたさ湯がふるまわれ

疲れ気味の体に沁みました



d0129083_23311057.jpg


黒豆のご飯を、チンゲン菜の豆乳スープとサラダで

食べるのですが・・・生臭物が何もないランチ


優しい・・・としか言いようがない、からだの為の

最高級のランチです

画像のように、外から丸見えな為



d0129083_23352483.jpg

人が通らない瞬間に口にほおばる

そして、車が目の前で停車したりするもんだから

ひたすら噛み続ける

咀嚼回数がうなぎのぼりで、最高に身体に良い×2



ランチの後は、奥の間の南部鉄器のショールームへ



d0129083_23322231.jpg


とってもアーバンな南部鉄器で、しかもIH可能って

欲しくなっちゃうじゃない

ほら、私、鉄不足でぶっ倒れてるから興味ある

15分早起きして湯を沸かすって生活をしてみたいわ



6時55分に出社する為に、6時35分に起きる私

これだから朝からいっぱいいっぱいなのよね



他にも私の大好物の、当時近代的だったはずのビル


d0129083_23460692.jpg

こういう佇まいはもう・・・リノベーション案件よね



そしてリノベーションしてこうなった的な


d0129083_23315317.jpg

そしてこちらは静かに何かを待っている写真館



d0129083_23494061.jpg

ずーっとずーっと残って欲しい、と皆がきっと思ってる


まだまだ面白い建物沢山、ですが、私にも限界があり

次回と致します (桜が咲いたらまた来たいな)



盛岡市内、雪はなかったのですが・・・寒い

なんというか、キーーーーーーンと毛穴を刺激する

頭皮がしびれる感じがしました


秋田の湿ったじんわりとした寒さと違います


市内の名所をぐるぐる回るバスを待ってる間

頭がズキンズキンと痛みました、寒さにやられました


盛岡は寒い









by usu_iimail | 2019-12-12 00:01 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(0)

大人の休日倶楽部4日目

4日目はとうとう自宅から投稿しております

やっとこ戻って参りました

大人の休日は、使命感に駆られた4日間でした



最終日は駅前のヨーカドーと武蔵野プレイス



d0129083_22413089.jpg


四角いのにまあるい、規則正しいのに無限宇宙

そんな不思議に温かくなる建物です

見た目は3階建てですが、フロアーは7階分あります

地下3階地上4階

写真に人は写っていませんが、建物の中は大賑わい



d0129083_22445884.jpg


久し振りにカフェにも入りました



図書館なのにざわめきが心地いいです

こどものはしゃぎ声、コーヒーカップの動く音

めくる新聞、エレベーターの到着音、カフェのお喋り


楽しい図書館、市民が集う図書館


本を読むだけではなく、市民の文化講座、サークル活動

学生、一般市民の勉強の場、音楽や演劇などを練習する

スタジオ、子供がノビノビ本を読める場所

もちろん本来の図書館の機能する場所は地下一階で静寂



なんて素敵な場所でしょう



帰り、新幹線までちょっとだけ時間があったので

久し振りに自分へのお土産を買ってみました



愛媛のガーゼのタオルのような風呂敷


d0129083_23135523.jpg




風合いが気に入って1650円! これは払える

値段と折り合いがついたので買う事にしました


そして伊予柑ジュースも飲みました



d0129083_22575792.jpg


今回は一切節約しない旅でした

むしろ使った、盛大に





by usu_iimail | 2019-12-11 00:01 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(0)

大人の休日倶楽部3日目

流石に疲れがたまり、からだがむくんでます

無理せずお昼から外出

六本木ヒルズ「天空の鉄道物語」へ


d0129083_21045439.jpg


興味あるものばかりでしたが、やっぱり

「こまち」「つばさ」「いなほ」「あけぼの」

探してしまいます  「はくちょう」も


d0129083_21114901.jpg


どこへ行っても秋田愛しかありません


そして千円の蕎麦


d0129083_21152283.jpg


カフェラテ850円


ぶっ飛びよ


その後日比谷図書館へ


d0129083_21172962.jpg


アールデコの造本芸術


こじんまりとした展示室に、いつも質の高い

企画展をされています


東京駅までトボトボ歩きました



d0129083_21271520.jpg


なんか、千と千尋の神隠しの銭婆の家

への道を照らす外灯みたい





by usu_iimail | 2019-12-10 00:01 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(1)

大人の休日倶楽部2日目

お友達のお孫さんを愛でに

ぃ横浜、ぃヨコハマ、ィヨコハマへ

馳せ参じました

JRと相鉄が繋がったお祝い乗車も兼ね



d0129083_23123956.jpg


何年ぶりだろ、お友達の家


好きな風景


d0129083_23140040.jpg


懐かしいなぁ


何回も言うけど何年ぶりだろ


お孫さん、ご対面の模様は後程


帰り道、ヨコハマ、ィヨコハマのネオンでも

見たろ、と思い、久しぶりに…


d0129083_23202730.jpg


d0129083_23212403.jpg


昔のィヨコハマは港のレッドライトが

目にしみたもんだけど、ベイブリッジが

出来たあたりから、なんか青っぽい感じ

も増え、最近はLED電球が主流となってか

光が眩しい

ィヨコハマも変わったなぁ…







by usu_iimail | 2019-12-09 00:01 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(0)

大人の休日倶楽部1日目

d0129083_22202811.jpg


ジブリ大博覧会、すごい人!



d0129083_22222195.jpg


盛岡を少しだけ散策しました



d0129083_22241258.jpg


懐かしい車両(盛岡駅)


d0129083_22253058.jpg


息子の住む街


クリスマスをあちこちで満喫です



身体は無理せずが今回のモットー





by usu_iimail | 2019-12-08 00:01 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(0)

YouTubeとグーグルマップで旅をする

最近・・・


体力の限界を感じているので、もうじき行く

旅の内容を変更することを余儀なくされており

今回は省エネ旅となりそうです

で、どこへ行くかは現在精鋭検討中でして

旅日記にてご覧ください

もしかしたら救急車の旅になってるかもしれません


わたくひ、普段、グーグルであちこち旅をしてます

そしてもちろん、YouTubeにてしっかり乗り物にも

乗りまして移動しております


d0129083_13301463.jpg



先だっては、北海道一周+北方領土

旭川空港からスタート、横風すごい





d0129083_13323793.jpg
全部をYouTubeで確認することは出来ませんが

(電車動画途中カットもあり)ほぼ陸路を達成

気になる所は国道や一般道をざっくり歩きました

札幌~函館間は丘珠空港から空路です

良い動画がありました

ってことで、北海道を約3日かけ制覇してきました



その後、短めの飛行にはまり、先週は調布から

大島まで行ってきました



d0129083_13391890.jpg



家に居ながらにして、あちこち行けるって

良い世の中になったなあ

絶対行けそうにない北方領土だって、殿様気分で

上から眺めれるもの

ついでのついでに、ディープインパクトの追悼に

日高まで足伸ばせるって最高でした



by usu_iimail | 2019-11-28 00:01 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(0)

大森山からの岩城

母がお天気も良いし出かけたいと言うので

11月の晴天も貴重だし、行ってみるか、と

いつものお散歩コースに母を伴い行ってきました



大森山の展望台は私とうっちゃんにはいつもの

場所ですが、母は初めてだったようで



d0129083_23391169.jpg


360度ぐるり秋田に感動していました

うち45度くらいを紹介


d0129083_00082328.jpg


d0129083_00085482.jpg


d0129083_00093959.jpg

風があったので、うっちゃんを心配する母


d0129083_23422607.jpg


d0129083_00115883.jpg






そのまま帰るには早すぎるので

浜田地区の風景を楽しみながら7号線に出て

いわき道の駅へ


d0129083_00123983.jpg


d0129083_00125793.jpg


d0129083_00131362.jpg


d0129083_00132285.jpg


d0129083_00134220.jpg



秋田は娯楽施設はないけれど

ブラっと行く道の駅に温泉があったり

おまけに安価な野菜、お花や焼き菓子

とにかく風光明媚だったり

そんな場所を独り占めも出来るし

質の高い小さな幸せがてんこ盛りよ



母にプラムのソフトクリームを買ったら

(この辺はプラムです)



d0129083_23415100.jpg


一気に浮かない表情になり・・・

うっちゃんの為にバニラが良かったのでしょう

ダメよ、食べさせたら下痢する

だから、あえてのプラムにしてるんだから




d0129083_23441466.jpg

結局、最中の部分をあげていた  (チッ)

思いっきりプラムのソフトついてる最中を



岩城の高台をドライブして帰って来ましたが

夕日がまぶしいけど、綺麗で

とても良いお出掛けでした


その岩城の高台・・・別荘地か?と思うほど

可愛らしいお家が並んでて、夢のような丘でした

ターシャの庭のようなお宅もあったわ


d0129083_00193489.jpg



d0129083_00211104.jpg


by usu_iimail | 2019-11-24 00:17 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(0)

小さな町の小さな公会堂

池田修三木版画展を見に、にかほ市象潟へ

私が勤めた銀行の通帳に池田修三の版画が

使われていました。 赤い帽子の女の子



d0129083_17184793.jpg


のぼり旗にも使われたり、すっかりおなじみの

版画となっていますが・・・

象潟駅前のギャラリーで見た版画に、懐かしさを

感じました。これが赤い帽子の女の子の前に通帳に

使われていた版画ではなかったろうか



d0129083_17212520.jpg


持ち主のご主人が大切にされているものだそうで

これが前の通帳の版画と言ったところ、ご存じ

ないようでした。私の記憶ではそうだったと思います


d0129083_17440965.jpg





象潟公会堂です

「公会堂」と言う呼び名がとても新鮮ですよね

なんだか教会のような

質素な外観に反し、中が可愛い・・・

幼稚園のお遊戯室のようなかわいらしさです


池田修三の版画がとてもよく似合う公会堂です




d0129083_17251774.jpg


d0129083_17253949.jpg




d0129083_17260333.jpg


まるでこの版画の為に存在しているような



d0129083_17264796.jpg


ステージを囲う飾り・・・塩竈で見た「船底天井」

やはり港のある場所だからなのでしょうね



d0129083_17270438.jpg


講堂をぐるりと囲う二階の手すりに青い小旗

これも港っぽくて可愛いですよね



何気なく置かれたテーブルと椅子も



d0129083_17284661.jpg

シンプルで素敵



窓から象潟の街が一望できます



d0129083_17293582.jpg


小さな町の小さな公会堂



ステージ横の出演者が待機するお部屋が

こじんまりとしてとても居心地が良いです



d0129083_17303616.jpg


d0129083_17305279.jpg


d0129083_17482642.jpg



あちこちにさりげなくお花が飾ってあって

華美ではない所が、またいいのよね




d0129083_17314898.jpg



心地よ過ぎて、とても気に入りました

ここで結婚式とかも素敵よね

あ~ワクワクする



お昼ごはんへ向かう前に、通った道で鳥海山が

綺麗に見える場所を見つけました



d0129083_17325425.jpg



あいにく頂上には雲がかかってましたが



反対側もまたいい感じです



d0129083_17343667.jpg


左手は熊野神社でした

ひっそりと存在していました



d0129083_17351796.jpg


お昼ごはん、象潟に来たら「タンタンメン」だそうです!



通常の担々麺とはまた別に「ニュー担々麺」って・・

昭和っぽくていいじゃない?

「ニュー」って色んなものに付けてましたよね

ホテルニュー○○

キャバレーニュー〇〇

バブルの頃には「ニュー」が「アネックス」になったり

そんな感じの「ニュー」




肉みそが甘くて美味しいの

ちょっと辛めの豚骨の担々麺に、甘めの肉みそが合うわ



d0129083_17384857.jpg

夢中で食べたわ



d0129083_17461057.jpg




港のそばの「123」と言うお店で食べました



抜群に美味しかったよ!

気になったのが定食とパフェ、次、食べたい



















by usu_iimail | 2019-11-08 00:01 | 旅のコーナー | Trackback | Comments(0)

絵を描くのが大好き 依頼に沿ったイラストを提供します 


by usu_iimail
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る