酒田ライブ

昨日は酒田遠征でした

酒田のライブハウスにて高校生バンドのイベントがあり、息子達はゲストバンドでした


大盛り上がりの大賑わいのイベント



d0129083_08190612.jpg


誰も知り合いのいない所でのライブは緊張もするだろうけれど、いつも通りの

演奏でした。ちょっと違うのは「秋田から来ました~~」と言うところでしょうか


山形の高校生が興味をもって聴いてくれてとても嬉しかったです

CDも売れたみたいですよ♪


d0129083_08220627.jpg


私は狭い所でのライブは体調を崩しやすいので、時間まで近所を散策しました

大きなデパートがある「中町」の狭い範囲での散策でしたが、喫茶店や雑貨屋

もあって、また面白そうな建物もありましたよ。




d0129083_08283261.jpg

黒壁の建物、窓の柵がとても印象的でした。手入れも良くされていて、まだ住まわれている

感じがしました



こちらは民家と見ましたが・・・かなり大きな御屋敷で横長で料亭とも感じられますが

そうでもなさそうな。でも表札がありました。



d0129083_08315717.jpg


こちらはアンティークな喫茶店。こう言う建物も大変貴重です。

カフェオレカップがとても素敵でした



d0129083_08285155.jpg




d0129083_08294357.jpg



そしてこちらも古いビルの1階の雑貨屋さん

高めの窓から見える雑貨が、陽の光を浴びて綺麗でした

素敵なお土産を買ってきたので、後日紹介します



d0129083_08300862.jpg

古い建物が多く、興味深い街並みのなかで新しい部分もあって

こちらはフルーツのお店です  病院の一角にありました


d0129083_08295711.jpg



この延長はデパートやアーケードなのですが、少し上り坂になったアーケードは

こんな感じです。人気の無い、お店も日曜日だから閉まっているような・・・


d0129083_08384447.jpg

すごく綺麗なアーケードです

お店のラインナップや人出によっては、横浜の元町のようになる気がします


酒田の観光地には行けませんでしたが、中町あたりでも十分楽しめました


とは言いながら・・・やはり昨日は疲れてしまい、嘔吐までする始末

今日はげっそりです





by usu_iimail | 2016-03-14 08:41 | 息子と音楽 | Trackback | Comments(0)

スケッチブックと旅 6

朝一番で出雲へ行き、お昼には松江に戻ってきました。


~感動・松江3~

前日はレンタル自転車移動でしたが、今回は「レイクライン」という松江の

良い所を回れる観光用のバス。 (駅前で撮った写真)
d0129083_10461133.jpg

私は「松江しんじ湖温泉駅前」から乗車。

旧日銀の「カラコロ工房」へ行きました。
d0129083_1047384.jpg

そこでまたゲリラ豪雨。さっきまで晴れてたのに!!
d0129083_10485028.jpg

中は仕切りごとに、アクセサリーを作るところや、刺繍、おかし・・・色んな物に

挑戦できる、ちょっとした女子の遊び場のような感じです。
d0129083_10504957.jpg

ニ階はお部屋ごとに工房があります。扉を開けるのが楽しみな空間です。

私はお菓子工房でランチをしました。
d0129083_10521381.jpg
d0129083_10524824.jpg

そこから歩いて、県庁を散策、途中「竹島資料館」に立ち寄りましたが・・・
d0129083_10544323.jpg
d0129083_10552680.jpg

暗いです・・・。 なんだか問題が大きい割には、資料館はこんな感じで

ついでに、メインにしている手前のジオラマの奥の地図に関しては・・・・

なんと、韓国製の地図と言う。 日本製の地図使ったらどうかな?


サンフランシスコ条約で竹島は日本の領土と言う事になっているそうです。



私気付いたのですが、松江って銅像が多いです。あちこちに銅像。県庁前には

二つ。藩主と、東京の岸記念体育館の岸さん。
d0129083_1112024.jpg
d0129083_112065.jpg

ここには二つでしたが、あちこちで見かけました。 銅像の数数えてれば良かった。


圧倒されたのが、松江城の石垣です。
d0129083_1134568.jpg
d0129083_1142418.jpg

写真ではなかなか伝えられません。とにかく、この石垣を目にした瞬間

「こりゃ、エライことだ!!」

まるでスクープでもつかんだような衝撃です。

死ぬまで一度、お伊勢参りと富士山登山、とばかり思い込み、お伊勢参りを実現させ

満足していましたが、ここも伊勢神宮と富士山に匹敵します。


松江は空襲に遭わなかったため、このように昔のままになっているそうです。

町並みも、間口が狭く、いまだに建て替えても狭い間口のままの家がみられます。

(間口が広いと沢山の税金を取られるからだそうです)
d0129083_11113720.jpg

松江城に戻ります。
d0129083_11125984.jpg
d0129083_11134053.jpg

d0129083_1116739.jpg

d0129083_1117732.jpg
d0129083_11175162.jpg

d0129083_11184672.jpg

素晴らしいお城です。 お殿様はここには住まず、普段は現在の県民会館の

あった場所に御殿があり、そこに居たそうです。(と船頭さんが言ってた)


お城を過ぎ、今度は一路武家屋敷の通り「塩見縄手」へ向かいます。
d0129083_11223815.jpg
d0129083_11235537.jpg

内堀に架かる橋を渡ると、可愛い雑貨屋さんがありました。
d0129083_11245651.jpg

玄関にこんな可愛い下駄が
d0129083_11255173.jpg

お店のニ階から見える風景はもちろん
d0129083_11265062.jpg

かわいい作家さんの手作り雑貨が沢山ありました。

私がこの旅で自分のために買ったもの。すべてこのお店で買いました。
d0129083_1128481.jpg

左はこのお店のオーナーさんの本です。ハンカチ、コースター、一畑電鉄の

絵ハガキ・・・。全部気に入っています。


さて、お店から出るとそこはもう塩見縄手です。

はじめは小泉八雲記念館です。 1年と少ししか居なかった小泉八雲ですが

地元の方々のご尽力で、住んでいた家は保存され、調度品もとても丁寧に扱われて

いました。 
d0129083_11324447.jpg
d0129083_11333186.jpg

中は撮影不可です。

こちらは、小泉八雲が数カ月暮らした家です。日本で数か所に暮らした小泉八雲

ですが、このように住んだ家が残っているのはここだけだそうです。

物語にも出てくる庭のある自宅。庭は小さいながらも情緒があって素晴らしいです。
d0129083_11353699.jpg
d0129083_11362298.jpg
d0129083_11371099.jpg

縁側の板張りは、とても足触りがよく、気持ちよかったです。
d0129083_11381578.jpg

家を公開すると言うよりも、庭を公開していると言った感じでした。

八雲の好きだった庭をこうして眺める事が出来る事は、本当に素晴らしい事です。
d0129083_1140172.jpg
d0129083_11405586.jpg

その後、武家屋敷へ行くのですが、私がぶらぶら歩いているところを、

堀川めぐりの舟から娘たちが見ていたらしいです。


武家屋敷です。
d0129083_1146161.jpg
d0129083_1147871.jpg

主人の部屋の隣には奥方の部屋もあり、家族部屋とか、色々細かくあるようです。
d0129083_11483640.jpg

奥に人がチラッと見えますが、人形ですから。
d0129083_1150780.jpg

このころ、もう16時半くらいになっていて、さすがの私も疲れていました。

武家屋敷、あんまりちゃんと見てなかった・・・。次、幽霊の足跡?があるとか

そのお寺を目指しますが、テンポ悪く、フラフラ歩いていました。
d0129083_11522961.jpg

お花を見つけホッとしました。


夕暮近い松江の町並みを歩く事30分
d0129083_11534632.jpg
d0129083_11542523.jpg
d0129083_11551513.jpg

やっと辿り着いた「普門院」、ここで幽霊の足跡とお抹茶を頂ける・・・
d0129083_1158113.jpg

と思ったら、受付終了していました。 お抹茶を頂かないと、松江から帰れない!!

あてがあったので、駅までとぼとぼ歩きました。かなりの距離。

d0129083_11591941.jpg

もうすぐ松江ともお別れなんだな~~~
d0129083_120339.jpg

見つけた神社には必ず足を踏み入れる。出雲大社が近いせいもあるかと思いますが

どこの神社もとにかく立派で、宮司さんも手入れに余念がありません。

もちろんお寺も「寺町」と言う所にあり、そこも落ち着いた良い町でした。

駅のお茶屋さんで、どうにかお抹茶にありつけました。
d0129083_1232414.jpg

京都、金沢、松江、日本三大のお茶の町なのです。和菓子の種類も豊富でした。


そしてこれだけでは・・・とお隣のビストロでワインクーラーを飲み
d0129083_1254074.jpg

いよいよ出発です。 

松江、素晴らしかった!! またもう一回絶対に来たい。そんな思いでバスに乗り・・・

なんと今度は一番前か・・・。
d0129083_127214.jpg

「岡山行き、発車しまーす。 次は米子~~」


岡山に着くまで、ずっと運転手さんが居眠りしないように見張っていた私。


次回は岡山県倉敷でーす。
by usu_iimail | 2012-08-26 12:13 | 私の仕事 | Trackback | Comments(0)

スケッチブックと旅 5

タイトル通りに毎日スケッチブックを脇に抱えて移動しておりました。

どのように描き進めたか?

一箇所に構えて作品を描いていたのではなく、F6のスケッチブックを

分割して、一枚に色んな物を描いていました。
d0129083_9362199.jpg

紙一枚に一つの街を描いていました。

描いて移動、描いて移動・・・。



そして昨日の続き~感動・松江~をいったんお休みし


~出雲大社~


松江から出雲までは車、JR、一畑電鉄。 だいたい1時間くらいで行けます。

私が選んだのは、「一畑電鉄」。
d0129083_9411926.jpg

各駅です。左手にずっと宍道湖を眺めながら行きます。 

途中途中が江ノ電に乗っているような錯覚がありました。
d0129083_9431175.jpg
d0129083_944017.jpg
d0129083_9444515.jpg

私が座ったのは特等席。 途中、息を切らして小学生が二人のってきて

ぜいぜい言いながら、車窓の写真を撮りまくってました。きっと夏休みの宿題?

たびたび、車掌さんに車内放送で「安全のために座ってください」と言われてました。

小学生も、きっと私の席に座りたかったろうな~。

ごめんね~~、いつもは代わってあげるけど、今日はごめん。私もここがいいの。
d0129083_9481497.jpg

これは「一畑口駅」でスイッチバックすることろ。 絶対これ写真撮りたかった。

そしていよいよ出雲市。
d0129083_9511629.jpg

これは帰りに撮った写真ですが先に紹介します。

川跡という駅から女性の車掌さんがいて、このように説明してました。

「こちらが出雲ドームです。木製のドームとしては、秋田県大館市の、大館樹海ドーム

に続き、2番目に大きなものです」 って。こんなところでこんなお話が聞けるなんて。



一畑電鉄「出雲大社駅」到着です。

ここには映画「レイルウェイズ」で出てくる電車を見る事が出来ます。

デハニ50系 52号車

私、一番乗り!!
d0129083_9565424.jpg
d0129083_9572165.jpg
d0129083_9575097.jpg
d0129083_9581420.jpg
d0129083_9584854.jpg
d0129083_9595513.jpg
d0129083_100305.jpg
d0129083_1011223.jpg

マニア沢山いました。私、マニアを押しのけて、絵を描いてました。

(何度か譲り合ったけど) テヘペロ


まずはじめに描かなくてはならないのが、「出雲大社駅」
d0129083_1054534.jpg
d0129083_1062472.jpg
d0129083_107613.jpg

とても素敵な駅だったのですが・・・色んな写真を見て想像してた駅とはちょっと

違っていました。まずは・・・綺麗になってた。カフェまであった・・・。

ちょっとすすけた感じにステンドグラスって言うのが良かったのにな~~。

駅の脇はこうなっていました。
d0129083_109885.jpg

これよ、これ、私が好きなのは。仮設トイレに向かう時に見つけました。


次は出雲大社。参道の様子です。
d0129083_10105535.jpg
d0129083_10113343.jpg

お蕎麦屋さん、お土産屋さん、ぜんざい屋さんが連なる中、私好みの

「花嫁センター」ですって。さすが縁結びの出雲大社前。

いよいよ出雲大社です。
d0129083_10151293.jpg

位置につかないうちにシャッターが・・・
d0129083_10161347.jpg

d0129083_1018079.jpg
d0129083_10212354.jpg
d0129083_1022238.jpg
d0129083_10232734.jpg

現在、本殿は見られません。ので、手前で参拝をします。

本殿チラッと見えてます。
d0129083_10274256.jpg

こちらは畳70枚の大きさの国旗。なんだか良さげな雲が2本立ち昇ってました。
d0129083_10294746.jpg

まだ年貢って言葉使ってるんだね。
d0129083_10303534.jpg

帰路です。素晴らしい眺め。遠くに鳥居見えますか?
d0129083_10314750.jpg

電車の時間までカフェで絵の仕上げ。

注文した飲みものに可愛い木のスプーンついてきた。
d0129083_10334897.jpg

これはお土産にします。


帰りはゆっくりゆっくり車窓を楽しみました。
d0129083_10351441.jpg

ほとんどの人が、カメラを持っています。

それと私の好きな連結部分。 昔、母と姉と実家へ行くために電車に乗ると

必ず私、ここの連結部分に乗ってゆらゆらしました。すんごいうるさいんだけどね。
d0129083_10372898.jpg

ここ見てたらムラムラしてきて、落ち着かなかった。今乗ったら変なおばさんでしょ?


出雲は終わり。

次また「感動・松江」に戻ります。
by usu_iimail | 2012-08-26 10:40 | 私の仕事 | Trackback | Comments(0)

スケッチブックと旅 4

今日、2投稿。


~感動・松江2~


娘の試合が始まる前に、ゲリラ雷雨で、大会が一時中断。

先生たちがおっしゃるには

「ここはね、宍道湖があるからこういった天気になりやすいんだよ」

にしても、ゲリラ雷雨には地元の方々もかなり驚いていました。


コートを去る頃は夕方近くなっていました。

そこから、錦織圭のゆかりの場所を探してめぐり、駅前に戻り、お土産を買い

夕飯を調達。 レンタル自転車を返しに、「松江じんじ湖温泉駅」へ。


その途中で見た暮れてゆく宍道湖がとても美しかったです。
d0129083_18392040.jpg

d0129083_18404495.jpg

すーっと気持ちが落ち着く感じ。空気感をお伝えできないのが残念ですが、

海とは違う静けさと言うか、日中の熱を宍道湖が冷ましていくような、優しい夕暮れ

を感じました。 
d0129083_1845520.jpg


そして私の宿泊するホテル
d0129083_1845921.jpg

ツインの部屋のはずが・・・ふたを開けたらトリプル部屋でした。
d0129083_18462215.jpg

軽くショートラリー出来ます。

私の旅のメインイベント。ホテルで食べる夕食。
d0129083_18511356.jpg

東京とは違い、夕方には品薄状態でした。とりあえずあったものを買いましたが

でもそれがまた・・・すごく美味しいものばかりに当たりラッキーでした。


私は旅先、カーテン全開で寝るので、朝は白々と明ける空を眺めながら起床。
d0129083_18571183.jpg

素晴らしい眺望です。  でも暑そうでしょ?連日35度。


朝食は今日も豪華
d0129083_185953.jpg

朝食バイキングで私が好んで選ぶもの。 卵焼きとポテトサラダ。

この二つがあればご飯OK。


さあ、これから三日目の予定、松江しんじ湖温泉駅から出雲大社へ出かけます。
d0129083_193353.jpg


続く。
by usu_iimail | 2012-08-25 19:05 | 私の仕事 | Trackback | Comments(0)

スケッチブックと旅 3

さあ、今日からいよいよ本命島根県松江市へ!!



~感動・松江~


朝一で松江に到着し、まずは駅前のホテルで朝食。
d0129083_15165411.jpg

d0129083_15243350.jpg

そして自転車を一日300円で借りる。
d0129083_15264220.jpg

駅前の通りを西に向かって真っすぐで宍道湖です。

目の前に宍道湖が広がった時は、もう感動に一言ですよ!
d0129083_15273451.jpg
d0129083_15275032.jpg
d0129083_15281175.jpg

とにかく描くしかないでしょう
d0129083_15284160.jpg

おばさん頑張る。


娘の試合まで時間があったので、宍道湖から松江城のお堀まで行きました。

まずは手始めに神社でおみくじ。すると・・・大吉ではありませんか!!
d0129083_153959.jpg

縁起いいぞ!


そして「堀川めぐり」です。
d0129083_15373829.jpg

d0129083_15394412.jpg
d0129083_1540227.jpg
d0129083_15401648.jpg
d0129083_15402960.jpg

堀川にはたくさんの橋がかかっていて、大きいものから細くて低い橋まで・・・。

そうなると通るために、屋根を低くしなければなりません。

屋根を下ろされた時の乗客。
d0129083_15464674.jpg

ただ乗ってるだけじゃないし、風景が堀の角を曲がるたびに変わります。

外堀と内堀とでは堀の幅も違います。
d0129083_15442199.jpg

この堀川めぐり、1200円で何度も乗れます。観光用の交通手段にも使えます。



そして私は娘の11時の試合に合わせ、テニスコートへ移動したのでした。


続く
by usu_iimail | 2012-08-25 15:44 | 私の仕事 | Trackback | Comments(0)

スケッチブックと旅 2

旅の話、第二弾です。



秋田から大阪へ向かう飛行機の中。下は夕焼けも消えた薄暗い世界。

佐渡島、能登半島、立山、上高地、琵琶湖、天理市を望みながら伊丹へ。


地図を見るのが好きですが、その地図通りになっているのが楽しくて

飛行機の中で「今日の一言」、作りまくりました。


その句の数25


力強い 山が連なり 谷深し どこまで続く 飛騨の山脈

富山名 秋田で珍名 我が名字 雲の下には ○○○の部落

ほらここに シルエットだけど 若狭湾 隣のおばさん 元気出るかな

耳キンキン 仕方ないけど 苦しいよ つばを飲み込み 耳ピーっと鳴る

着陸だー 気をつけてろよ 下の人 今から私が 舞い降りますから


5句、抜粋しました。 今日の一言、5日分です。




 ~トランジット大阪~

乗り換えだけではつまらないので・・・約3時間の観光です。

梅田に降ろされた私は、中之島に向かって歩きました。
d0129083_134776.jpg

大阪と言ったら、私は「中之島」。   ブルース? 


でも様子がおかしいの。どこまで行っても川にたどり着きません。

おかしい、地図では南に行けば中之島なのに!

一応夫に場所確認。そしたら夫は戻れと言う。  実は「福島駅」近辺で

迷っていたのですが、その福島駅近辺と言うのがまた面白い所で・・・
d0129083_13475057.jpg

戻れと言われたのに、あっちぶらぶら、小路に吸い込まれたりしてるうち
d0129083_13483045.jpg

また迷った。
d0129083_1349293.jpg

これがね、すごいナンバーだったんだ~。 大阪の人って面白いね。
d0129083_13503199.jpg

こうやって悪ふざけしてるうちに、気がついたら中之島にいました。
d0129083_1353202.jpg

d0129083_1353545.jpg
 
実際中之島なのかその対岸なのかは分からなかったのですが、とにかく

満足できる場所にたどり着いたらしいです。


またそのままぶらっと歩くと、「住友病院」ですって
d0129083_13561730.jpg

財閥の名前そのまんま病院名なんだね。 さすが大阪だな~。住友。

そしてその後、私は完全に道に迷うのでした。

また夫に電話してみたら、私はとんでもないとこに居たらしく、夫に「場所を

説明しろ!」と迫りつつも、めんどくさくてコンビニで地図で確認。

自分の居場所が異常だった事に気づき・・・観念してタクシー捕まえた。


そしてタクシーの運転手と意気投合し、ほんの5分間で運転手さんが色んな事

教えてくれました。
d0129083_1433394.jpg

「朝日新聞、建て替えてツインタワーにする」

「大阪市の駅前のビルがガラガラで、市長が怒っている」

「この会社 ○○は今、景気悪い」

などなど・・・私も喋りますが、運転手も喋る喋る。お孫さんが今、中ニ年で

いじめにあってるんですって。
d0129083_144162.jpg

大津の話になり、運転手 「大津は京都のベットタウンになってて、中流階級の人

がすごく多い街」 と言っていました。それなりに地位のある人が多い町なんだね。


ものの5分、二人で喋り倒し

「ここ、大阪フェスティバルホール」 「ええええ!!あのフェスティバルホール??」

こんな会話まで。  タクシー降りるときには

「1160円、1100円でよろしい」と言われ 「いやいや、1200円、おつりはいらない」

と返し、値切るイメージの大阪の方におまけしてもらえそうなところを阻止し、気前

良く、40円多く払ってきました。


「大阪でなにかやらかす!」と言っていた私ですが、本当に色々しでかして参りました。



バスターミナルのおじさんがマイクを持つと、何喋ってるかわからない。

歩いてるだけで 「京橋の八百屋ですが、果物いりませんか?」と、チャッチセールス。

梅田駅の前の「ヨドバシカメラ」、オープンの時は戦後の闇市どころでない賑わい

だった。(タクシー運転手の談)
d0129083_14184151.jpg

滞在時間3時間20分。



「松江、出雲市行き~くにびき号 発車しまーす」

無事にバスに乗りました。
by usu_iimail | 2012-08-24 14:19 | 私の仕事 | Trackback | Comments(0)

スケッチブックと旅 1

3泊4日の旅を終えました。


~娘のテニス~


娘のテニスの応援は木の陰からそっと・・・。そのまんま星明子でした。
d0129083_21461819.jpg

d0129083_2148645.jpg

結果はシングルス、ダブルスとも、一回戦負けでした。

審判がしっかりとつき、トスもコイン。国体みたいです。
d0129083_21494568.jpg

厳しいドローの中、1-8。残念スコアですが、内容は良かった方です。



~錦織エリア~


松江市のコートは、錦織圭が練習したコート。所属のテニスクラブも

すぐ近くにありました。 錦織圭の少年の頃・・・ここにいたんだろうな~。
d0129083_21523172.jpg

この写真の右奥にテニスクラブはあります。


この辺にご実家、小学校、テニスクラブ、松江市のコート、アメリカ留学

されていましたが、在籍していた中学校もあります。
d0129083_2214969.jpg

この大きなマンションの奥の方に中学校があるはずです。(位置的に)

そしてこの道も通ったかな?立派なお家が沢山ありました。
d0129083_2253311.jpg

坂道になっていまして…登るの大変です。ここを上がりきるとテニスクラブ。

そしてここがテニスクラブのようです。 
d0129083_2282987.jpg

近くに立派な高校があり、コンビニもあり賑やかでした。

自転車で一気に下り、北西を目指します。
d0129083_22103815.jpg

ここもきっと通った事絶対ある。小学校の近辺の素敵な通り。

そしてこちらが小学校
d0129083_22113360.jpg

私が自転車であちこち走っている時、ラケットバックを持った子供を

何人も見かけました。きっとクラブに行くのね。


錦織圭が練習したコートで試合できた今年の大会、恵まれていました!




全国的に真夏の気温でしたが、松江ももう背中にストーブでも背負って

いるかのような暑さでしたが、娘がシングルスの試合に入ろうとした時

雷が鳴り出し・・・ゲリラ雷雨発生。  「松江は宍道湖があるから気象に

影響でるんだ・・・」と、先生たちが言ってました。稲妻から雷鳴までの

時間から、距離を割り出そうと計算し始める学校まで出る始末。

1時間くらい雷が続きました。  暇でした・・・。


日陰に居ないと・・・汗がボタボタ。そのくらい暑かったです。



今日はここまでにしておきます。  旅日記続きます。
by usu_iimail | 2012-08-23 22:25 | 私の仕事 | Trackback | Comments(0)

絵を描くのが大好き 依頼に沿ったイラストを提供します