西馬音内盆踊り2018

金農が第四試合だったため、興奮冷めやらぬ状態で西馬音内へ



90分一本勝負で写真を撮りまくってきました



不気味なほどに彦三頭巾にフォーカスっしてしまった写真


d0129083_00175182.jpg


私、写真技術が無いので、面白い写真はすべて偶然の賜物です

またフラッシュは一切使わないので、ピントが合いにくく・・・

今回も700枚以上撮って、ピントが合ったのは100枚弱です

非常に効率の悪い撮影をしています



なんか、これ好き、何も動きが無いけれど印象的です



d0129083_00210749.jpg

この衣装が好きです

先だって作った絵ハガキはこの方を参考にさせて頂きました


d0129083_00224622.jpg


色白な踊り子さん、踊りもしなやか、白っぽい端縫いがお似合いでした

他の人のフラッシュをもらって撮影


d0129083_00241515.jpg


子供たちを教える男性

こうやって子供たちは踊りを覚えていくのでしょう



d0129083_00272880.jpg


編み笠を正面から

顔が見えないように被るのだそうです



d0129083_00294849.jpg


最終日、観客が多くなかなか足元まで撮れませんでしたが

隙間からようやく撮れました



d0129083_00322305.jpg

なかなかピントが合いませんが、これはこれで好きです



d0129083_00334715.jpg


d0129083_00351537.jpg


偶然かがり火が写って綺麗です



d0129083_00363406.jpg


踊りを習い始めてから、このようなポーズになる前の手の動きなど

ちょっとした瞬間が好きになりました

こういったところも大事なのです


d0129083_00374857.jpg


西馬音内盆踊りは、男性の藍染もすごく粋でかっこいいのです



d0129083_00404482.jpg

派手な模様の藍染が目立ちます


d0129083_00554508.jpg

d0129083_00563413.jpg


d0129083_00585553.jpg


d0129083_00594902.jpg

d0129083_01004696.jpg

女性の端縫いも良いですが、男性の藍染も見事です


そして、赤ちゃんだって本物の衣装を身に着けています



d0129083_01021746.jpg

袖口もしっかり赤い布が縫われて、大人とお揃いです



最後は素敵だなあと思った藍染



d0129083_00581987.jpg


濃い目の藍染もキリリとして良いですが、薄く染められた藍染の

品の良さや華やかさもなかなかいいものです





by usu_iimail | 2018-08-20 01:04 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)

指先までしっかり

8月、3~6日は秋田市で「竿灯祭り」

4~5日は羽後町西馬音内で「藍と端縫い祭」

5~7日は湯沢市で「湯沢絵灯ろう祭」

と、今年の私の目玉の祭が重なりまくってます


私は踊りには参加しませんが、ポーズを切り取るために盆踊りに必死

家でも外でもスーパーでも


手を反らせるために、渾身の力を込めて訓練中



d0129083_11394111.jpg

踊りの基本や、こうすると綺麗とか、色々あるのですが

長年やっている方々の指先の美しさが憧れで

その指先の怪しさが、西馬音内盆踊りの亡者のムードを漂わせてます


私は始めたばかりで綺麗に反らすことが出来ないので、手首を使って

反りを表したいと、やっています




例えば私のあこがれる指の反りは



d0129083_11461691.jpg

こんなしっかりとした反りや

柔らかい反り


d0129083_11434687.jpg

指先が綺麗よね~~



d0129083_11443930.jpg


そしてただ反ればいいのではなくて、その動きの中で緩める部分



d0129083_11484403.jpg

この一瞬がすごく怪しいのです


真似しようとしても、体の作りとか柔らかさとか人それぞれなので

色んなのを見習いながら、基本に自分らしさをのせられたら良いなあ

と、思います






by usu_iimail | 2018-07-30 00:01 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)

西馬音内盆踊り

土曜日は午前中に西馬音内盆踊りのお稽古が恒例になりました

絵を描くために始めたお稽古ですが、練習で着る浴衣の帯も買っちまったし

新しい浴衣欲しいとか、それじゃあ帯ももう一本じゃね?とか

一緒にお稽古されてる皆さんとも、お話しできるようになってきたし

ちょっと頑張ってみようっと



夕方、県立博物館で皆さんが踊られるという事で、観に行きました



d0129083_11352822.jpg


今、激しく眠気があって、イラストの文字がひょろひょろ・・・



一昨日撮った写真を眠い目をこすりながら見てます



正面からなかなか撮れないので、良いの撮れたな~と嬉しい一枚


d0129083_11503616.jpg

パンフレットに載るようなポーズではないけれど、習って初めてわかる

このポーズの素晴らしさ




そして私の先生です↓

優しくて可愛い先生



d0129083_11523788.jpg

ポーズに移る時に、ゆるく手を握る時の先生の動きが大好き





男性の踊り、今回踊られた男性の方々は、踊り方がとても優しかったです



d0129083_11572994.jpg

みなさん、きちっとお稽古されてるのが伝わってくる写真です











by usu_iimail | 2018-07-23 00:01 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)

こんがらがってる盆踊り

先週土曜日に続き、また西馬音内盆踊りを習いに行ってきました

やっと「音頭」の全てを習い終えましたが・・・

先週習ってマスターしたところ全部がうやむやになるくらい

後半はややっこしい動きが続き、私の頭に入りきらない「音頭」と

なりました



d0129083_22041593.jpg


西馬音内盆踊りの最難関と言われる部分に差し掛かると

私の思考もすべて停止状態となり、いったい自分が何やってるのか

自分が誰なのか、もしかして自分はもう死んでいるんじゃないか?

という、わけわからないゾーンに入り込んでしまい

そこから脱出できぬままお稽古が終わりました


西馬音内盆踊りは印象深い決めポーズばかりが切り取られていますが

(自分も完全に切り取って絵に描いてますが)

その決めポーズに行くまでの流れの中に、ちょっとしたアヤと言うか

凝った流れと言うか、ポーズからポーズに移る時の手の使い方や

足の動きなど、説明できないから割愛しますが

そういったところが踊りにさらなる魅力を与えているのではないかと

そんなところを、話は割愛しても絵では描き込んでいきたいなあ、と

思った次第です


by usu_iimail | 2018-06-17 00:01 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)

初めての西馬音内盆踊り

これも仕事です

お友達に誘われて、西馬音内盆踊りの練習へ行ってきました

頭と体が別物の51歳

まだ若いと言われますが、やってみると如実に老いを痛感します



d0129083_23125787.jpg


足首がポキポキ鳴ります

思った通りに体が動きません

覚えた尻から忘れます

3つのことを同時に覚えられません


そして一番難しいのが「間合い」です

そこは実際のお祭りで踊ってみないとわからない部分だと

思います 


一番大事な、音頭の入りのポーズ



d0129083_23172728.jpg

来週まで、せめてこのポーズの所くらいは、出来るように

練習していきたいと思います


ほんの2時間弱、練習をしただけで

いかに私の今までのイラストが本物のそれとは違うかが

わかりました

習うことで、より美しい絵が描けることを信じて、しばらく

通ってみようと思ます


本日はご教授、ありがとうございました




by usu_iimail | 2018-06-10 00:01 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)

小さな作品展へのお誘い

朝からずーーっと、来る6月7月の作品展のフライヤー作りをしてました

毎年この辺は手抜きをしてましたが、先方の情熱を毎度感じつつ

「このままではいかん」と奮起したのですが・・・



d0129083_20572463.jpg


どうしてもスキャナーで取った画像の紙の色がイマイチで

それをごまかす色合いにしたら、パッとしないフライヤーになってしまい

苦肉の策を施し、英語の得意な友人に助けを求め


とりあえず出来たフリです



d0129083_20593872.jpg


d0129083_21004560.jpg


こちらはエントランスに貼り付けます



d0129083_21014669.jpg

画像がお見苦しくすみません



d0129083_21031188.jpg

一日かかってこのクオリティ・・・って


なんとかしようと、和装に英文タイプで打ったようにしてみたり

works Exhibitionってカッコイイ

初めは他の文だったのですが、こっちの方がかっこいいからって

直してくれたり、どうしようもない私のイラストに一筋の光を

くれました




平成30年5月29日(火)~7月29日(日)

秋田市横森1-4-49
018-834-4369

やまねこ軒 (ランチを食べながらご覧ください)


会期中のお休みは
月曜木曜定休日
6/7~6/14もお休みします


西馬音内盆踊りと秋田の小さな風景を展示します


ギリギリまで西馬音内盆踊りの作品を描き続け、出来立てホヤホヤを

展示したいと思っています


ランチはナチュラルな素材にこだわった、体に優しい手の込んだお料理

小皿が沢山あり、メインディッシュは食べごたえがあります

デザート、飲み物がついて1100円

太平川そばの静かな住宅街でお庭を見ながら素敵な時間を過ごしてください



是非お誘い合っておいでくださいね

駐車場も広くなり、大きなお車でもお越し頂けますよ



すっかり西馬音内盆踊りを描くのがこの時期のルーティーンになっています

毎年少しずつですがコツをつかんで上達しているような気がします


是非




by usu_iimail | 2018-05-16 00:01 | 私の仕事 | Trackback | Comments(0)

藍と端縫いまつり2017

ガイドブックの宣伝を兼ね、またもっと西馬音内盆踊りを知るべく

羽後町西馬音内へ姉と行って参りました


沢山の西馬音内好きの皆さんが列をなして衣装に見入っておりました



d0129083_22315225.jpg


まもなく始まる盆踊りに向け、衣装を干しています

その際にお客様にも見て頂けるよう、このように綺麗に展示を兼ねております

衣装も素敵なのですが、どのお宅も古さの中に格式があり、昔の暮らしを彷彿

させるような調度品を見ることも出来ます。


先祖代々の受け継がれた物、花嫁道中で着た着物を接いだもの、一着の着物を

それぞれの娘たちの衣装に接いだもの

心を込めて縫われた衣装が惜しげもなく飾られていました




d0129083_22320853.jpg

必ず生地を左右対称に接いでいきます



d0129083_22391953.jpg


藍染の衣装は、染める時からご自分で手掛けている人もいます

それぞれ模様が個性的で、大柄な物から小柄なものまで様々です

色も薄手の藍から濃い目の藍まで、バリエーションが豊富です



d0129083_22411691.jpg


濃い目の藍でキリッと着こなすのも良いですが、白い部分を配してかがり火に

映えるような藍染も魅力的だなあと思いました



衣装を公開しているお宅や店舗の前には



d0129083_22460181.jpg


このように目印があります



行く先々、お茶や漬物を頂いたり、藍で作った髪留めを頂いたり

もう、至れり尽くせりです



お茶に漬物を御馳走になったのに、更にトウモロコシまで頂いて、そのトウモロコシが

また新鮮で美味しくて・・・そこへお客様がいらして、私達姉妹は



d0129083_22491440.jpg

お家に上がらせて頂き、特等席の台所でトウモロコシを食べながら説明を

聞いていました。 トウモロコシ、ご馳走様でした。



そして、一度入りたかったワインバー

お腹ペコペコだったけど、飲み物だけでも飲みたいなあと思ってジュースを

注文したら、お漬物と炊き込みご飯を出してくれて・・・しかもお代りまで

勧められて、頂いてきました、遠慮もなく



d0129083_22522482.jpg


とっとと食べ終わってしまってた私の横で、姉がお代りを勧められ

昔の名残で、もらう時は小さい人からって習慣があるので、その順番が

軽く覆された私は、お代りもしかしてもらえなかったらどうしよう(汗)

と、いらぬ心配が始まり、お代りもらえるまでドキドキしてました


ちゃんともらえました♪  超美味しかった~、炊き込みご飯



本日は町民の方々、誠にありがとうございました

10時半くらいから15時半くらいまで西馬音内におりました

素敵な出会いが沢山ありました








by usu_iimail | 2017-08-07 00:05 | 私の仕事 | Trackback | Comments(0)

秋田の夏は西馬音内

秋田の夏、各市町村で渾身のお祭りが目白押しです

秋田市内「竿灯まつり」は3~6日

それと同じくして、羽後町では「藍と端縫いまつり」4~6日

盆踊りに向けて衣装を虫干しするのですが、その時に衣装を皆さんにお披露目するのです

そして一押しの、羽後町の「西馬音内盆踊り」は16~18日

艶やかな端縫いの衣装、農作業着だったとは思えない程の品の良い藍染の衣装で

皆、顔を彦三頭巾や編笠で隠し、しなやかに踊ります


昨年に続き、西馬音内盆踊りのガイドブック用にイラストを描いております

昨年のガイドブック


d0129083_22023533.jpg


d0129083_22024918.jpg


d0129083_22030063.jpg

今年のガイドブックは「藍と端縫いまつり」に合わせて発売されます(500円)

写真も内容もイラストもパワーアップしております


イラストの原画は只今、発売に先駆け、秋田市横森「やまねこ軒」さん(7/30まで)

十文字「デリカテッセン紅玉」さんに展示中です


十文字「デリカテッセン紅玉」さんのブログです (ありがとうございます♪)


http://blog.goo.ne.jp/kougyoku_deli/e/b952bca91c34f9ffca94999fcd72b154


只今、道の駅「端縫いの郷」や、農業、産業などでアツい展開をしている羽後町です


この夏は是非、羽後町へお出かけくださいね



by usu_iimail | 2017-07-22 00:06 | 私の仕事 | Trackback | Comments(0)

お仕事が詰まりきっています

商売繁盛

でもお金もらう仕事って、入稿期限とか守らないといけないし、私の場合

「おまけ」をつけたくなるもんで、しかも、確実に描かなきゃいけないものを

ついつい後回しにしてしまいます (私の悪い癖)

現在は西馬音内盆踊りのガイドブックの挿絵を描いてます



私の集中は大体10分程度しか続かず、その時が来ると・・・


d0129083_23354255.jpg

頭を十二分に搔きむしると、また戻る

(先週かな、美容院のお話の時、ワックスをなぜつけないか、の理由がこれです)



そしてエナジーが完全に無くなると



d0129083_23384475.jpg


一点見つめてういたろうのマッサージとか、無理やり椅子を並べてそれに寝る

丁度心地よい高さなのよね

しかも窮屈なので長く寝ないの



この仕事が終わると・・・

7月の秋田銀行さんの常設展の作成

お友達のお友達の似顔絵

武将の的当ての的作り

某企業のホームページとパンフレットの挿絵

母さんの実家に奉納する絵馬

親戚に犬とか猫の絵

そしてまたきっと西馬音内盆踊りの絵を描いて

秋田銀行さんの常設展を描いて・・・


仕事とボランティアの自転車操業です

いや、私は仕事とボランティアのハイブリッドイラストレーターです




by usu_iimail | 2017-06-20 00:05 | 私の仕事 | Trackback | Comments(0)

長く立っていると立ちくらみがするので、洗面所に椅子を導入しようと

試みたらば・・・模様替えの域まで達してしまいました

でもこれで、ドライヤーもメイクも座ってゆっくり出来ます




d0129083_14385730.jpg


左手に大きな陶器の洗面所があり、長らくここは物置台になって

とても乱雑でした。長い一枚板の下は、子供たちの衣類を収納する引き出しを

格納していました。子供たちが去って衣類も少なくなり・・・そこに椅子を入れました


娘が漫画を収納しようと作った棚があり、それを右側に置いて、布をかけたりして

化粧品などを並べてみました



d0129083_14451913.jpg

ビフォーがあまりに雑なので見せられないのですが、このように出来ました

今年は、万田久子のように帽子でも被ってみるかな、と帽子もかけてみました


鏡の周りにお花を置いたら・・・50のオバサンも一気に乙女よ



そして現在行われている私の作品展

今日は作品を一つ追加しながら、お食事もしてきました 「春巻き」です



d0129083_14483896.jpg


7月30日までやってます

秋田市横森 「やまねこ軒」さんです

新緑の美しい庭とつたない私のイラストを見ながら、1100円のランチ

是非召し上がってくださいね


今日はみそ汁がやけに美味しかったなあ・・・体に優しいメニューです



西馬音内盆踊りのイラストも進んでいます



d0129083_14513515.jpg


ペン描きの状態で一旦スキャンします

これから着物の模様を描き入れ、またスキャン

色を塗ったらまたスキャンです


一度で三度使えるイラストです




イラストを描きながら、家の中もボチボチ整理して行けたらなあと思います








by usu_iimail | 2017-06-07 00:05 | 今日感じたこと | Trackback | Comments(0)